李大浩(韓国ロッテ)の帽子にオリックスとソフトバンクの文字が施された理由

特製キャップをかぶったイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

上の写真は韓国KBOリーグ・ロッテジャイアンツの4番打者、イ・デホ内野手(李大浩、38)の試合前練習の姿だ。帽子の右側面には「Orix」、「Softbank」、「SEA」のワッペンが施されている。イ・デホはなぜ、このような帽子をかぶっていたのか。

イ・デホが着用したキャップ(写真:ロッテジャイアンツ)
イ・デホが着用したキャップ(写真:ロッテジャイアンツ)

新型コロナウイルスの感染拡大で世界のプロ野球リーグは開幕の延期、無観客試合の実施、シーズンの縮小など数々の影響を受けている。そんな中で台湾CPBLに次いで5月5日に開幕し、当初の予定通り144試合を行うとしているKBOリーグは、これまでに各球団が世界に向けたメッセージを独自に発信してきた。

とりわけロッテジャイアンツは外野席に「MLB x NPB We’re with you(僕らは一緒だ)」という横断幕、選手のヘルメットに「MLB x NPB Stay Strong(強くあれ)」というステッカーを貼り続け、開幕が遅れていた日米のリーグを励ましてきた。

MLB、NPBに向けたロッテからのメッセージ(写真:ロッテジャイアンツ)
MLB、NPBに向けたロッテからのメッセージ(写真:ロッテジャイアンツ)

そのメッセージにNPB(日本)ではオリックスが反応し、開幕前の練習試合でバックネットにメッセージを表示。それにCPBLも呼応したという話を6月の本欄で紹介した。

練習試合で表示されたメッセージ。現在はドーム場外のビジョンで表示されている(写真:オリックス・バファローズ)
練習試合で表示されたメッセージ。現在はドーム場外のビジョンで表示されている(写真:オリックス・バファローズ)

(関連記事:オリックスが台湾、韓国から受け取り繋いだ 海を越えるプロ野球開幕へのバトン

韓国ロッテはその第2弾として、7月10日からのトゥサンベアーズとのホーム3連戦で新たなメッセージを発信した。それが冒頭のキャップだ。

ロッテの選手の帽子の前面にチームロゴはなく、ダイヤモンドの中に拳と拳を合わせた「グータッチ」のイラスト。そしてCPBL、KBO、NPB、MLBの文字があしらわれている。

グータッチのイラストと4つのリーグ名が記されたキャップ(写真:ロッテジャイアンツ)
グータッチのイラストと4つのリーグ名が記されたキャップ(写真:ロッテジャイアンツ)
11日の先発投手のパク・セウンの他、全選手が試合で特製キャップを着用(写真:ロッテジャイアンツ)
11日の先発投手のパク・セウンの他、全選手が試合で特製キャップを着用(写真:ロッテジャイアンツ)

そして海外でのプレー経験がある選手には元所属球団名が施されたものが用意された。だからイ・デホにはオリックス(2012~13)、ソフトバンク(14~15)、マリナーズ(16)の3つのチームが記されていたのだった(カッコ内は在籍年度)。

帽子の後ろ側にはこう記されている。「Unity in Baseball(野球でひとつに)」

今週、メジャーリーグが開幕。ようやく世界のプロ野球リーグがともに動き出す。

「野球でひとつに」と記された帽子の背面(写真:ロッテジャイアンツ)
「野球でひとつに」と記された帽子の背面(写真:ロッテジャイアンツ)

(関連記事:プロ野球有観客解禁の舞台裏 初日の入場不可者は3人