呉昇桓(元阪神)と李大浩(元ソフトバンク)の同い年が5年ぶりに対戦<韓国KBOリーグ>

対戦したオ・スンファンとイ・デホ(写真:サムスンライオンズ、ロッテジャイアンツ)

18日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-ロッテジャイアンツは、5-2でサムスンが3点リードの9回表、サムスンはクローザーのオ・スンファン投手が5番手のマウンドに上がりました。

ロッテは7番ミン・ビョンホン選手のところで、この試合、首から背中への痛みで先発を外れていたイ・デホ選手が代打で登場、ともに日米でプレーした38歳同い年の対戦となりました。

2015年のセ・パ交流戦以来、5年ぶりとなった両者の顔合わせは、1ストライクの後の2球目のカーブをイ・デホ選手が打ち上げてショートフライ。オ・スンファン投手が抑えました。

試合はオ・スンファン投手が、この回を0点に抑えてサムスンが勝利。3連勝を飾っています。オ・スンファン投手は15日のKIA戦で3失点し負け投手になるなど、今月は得点を許す場面が続いていましたが、この日は無失点に抑え、3日以来の6セーブ目を挙げています。

◆「日本では2度対戦」

イ・デホ選手は2012年からオリックス、14年からソフトバンクに所属し、計4年間NPBでプレー。オ・スンファン投手は2014年から2年間阪神に在籍しました。

両者はNPBでは2度対戦。2014年はイ・デホ選手がヒット。2015年はオ・スンファン投手が三振を奪っています。この日は15年6月11日のヤフオクドーム(現ペイペイドーム)以来の対戦でした。

(関連記事:元阪神・呉昇桓、日米韓400セーブ達成 韓国復帰後初セーブ

(関連記事:オリックスが台湾、韓国から受け取り繋いだ 海を越えるプロ野球開幕へのバトン

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

9回表、ヒットで出塁した4番キム・ジェファン選手の代走として出場。その裏、レフトの守備に入りました。試合は6-0でKIAタイガースに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月18日(土)の結果

・LG 3- 1 ハンファ(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:チャン シファン

・SK 1- 4 キウム(インチョン)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:パク チョンフン

・サムスン 5- 2 ロッテ(テグ)

 勝:ライブリー

 敗:イ インボク

・KIA 0- 6 トゥサン(クァンジュ)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:キム ギフン

・NC 6- 1 KT(チャンウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:チョ ビョンウク

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。