NC40勝一番乗り 先発投手陣の力で首位を走る<韓国KBOリーグ>

リーグトップタイの9勝目を挙げたルチンスキー(写真:NCダイノス)

16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-NCダイノスはNCが9-1で勝利。NCは打線が2、3、4回と得点を重ねて、序盤に7点をリード。

投げては先発のドリュー・ルチンスキー投手が7回を投げ被安打5、キウム打線を0点に抑えて、リーグトップに並ぶ9勝目(1敗)を挙げました。

首位NCはこの日の勝利で40勝に到達。40勝19敗1分けで勝率は6割7分8厘です。

NCが首位を走る原動力が先発投手陣の活躍。リーグでNCだけがチーム先発防御率3点台(3.50)を維持しています。

個人成績ではこの日9勝目を挙げたルチンスキー投手が、防御率2.05でリーグ3位。1位は1.48で8勝負けなしのク・チャンモ投手です。勝ち星ではライト投手が6勝で続いています。

一方でリリーフ陣の防御率は6点台(6.38)でリーグ最下位の10位。先発陣が好投し、チーム本塁打、打点、得点圏打率でリーグ1位を誇る得点力のある打線がバックアップして、首位をキープしています。

敗れたキウムはトゥサンベアーズと入れ替わって2位から3位へ。NCとのゲーム差は5に広がりました。

◆「SK、代替の外国人は投手ではなく内野手」

SKワイバーンズは今月初めにウエーバー公示されたニック・キンガム投手に代わる外国人選手として、タイラー・ホワイト内野手(前ドジャース)を獲得したと発表しました。

KBOリーグの外国人枠は3人で多くのチームが投手2人、野手1人という内訳ですが、SKはホワイト選手と今季がKBOリーグ4年目となるジェイミー・ロマック選手(元DeNA)の2人の野手が在籍することになります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、出場機会はありませんでした。試合は4-2でSKワイバーンズに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月16日(木)の結果

・トゥサン 4- 2 SK(チャムシル)

 勝:パク チグク

 敗:ペク スンゴン

・キウム 1- 9 NC(コチョク)

 勝:ルチンスキー

 敗:ムン ソンヒョン

・KT 4- 1 ハンファ(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:キム ミンウ

・サムスン 8- 7 KIA(テグ)

 勝:キム ユンス

 敗:ホン サンサム

・ロッテ 15- 10 LG(プサン)

 勝:パク シヨン

 敗:ヨ ゴンウク

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。