投げたら負けないアルカンタラ 自身9連勝でトップタイの9勝目<韓国KBOリーグ>

リーグトップタイの9勝目のアルカンタラ(写真:トゥサンベアーズ)

15日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-SKワイバーンズ戦。トゥサンの先発ラウル・アルカンタラ投手は3回表に2点を先制されるも、4回裏に味方が3連打などで2-2の同点にしました。

トゥサンは5回裏の先頭打者、1番のパク・コンウ選手がセンターバックスクリーンの左に6号ソロアーチを放って3-2として勝ち越しに成功。さらにトゥサンはこの回、2点を追加、6回にも2点を挙げてアルカンタラ投手を援護しました。

アルカンタラ投手は6回104球を投げて被安打8、6つの三振を奪ってSK打線を2点に抑える好投。最速154キロのストレートを中心にストライクを先行させ、この日はこれまでに比べてスライダーよりもフォークを多投し、空振りを誘いました。

試合は7-2でトゥサンが勝利しています。

今季13試合目の登板のアルカンタラ投手は9勝目で開幕戦で敗れて以後、自身9連勝。この日NCダイノス戦に先発し、9勝目を挙げたエリック・ヨキッシュ投手(キウム)とリーグトップの座に並んでいます。

◆「勝ち星を重ね続ける、トゥサンの外国人投手」

アルカンタラ投手は昨季KTウィズでプレーし、今季がKBOリーグ2年目。昨季の11勝を上回りそうな好成績をここまで残しています。

トゥサンは昨季まで在籍したジョシュ・リンドブロム投手が19年に20勝で最多勝、18年にはセス・フランコフ投手が18勝でリーグトップと、毎年外国人投手が多くの勝ち星を重ねているチームです。アルカンタラ投手もそれに続きそうな活躍を見せています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8回表、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。その裏、2死一、三塁で打順が回り、カウント1-2からの4球目、高めのスライダーに空振り三振でした。試合は上記の通りSKに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月15日(水)の結果

・トゥサン 7- 2 SK(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:ピント

・キウム 7- 4 NC(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:イム ジョンホ

・KT 3- 7 ハンファ(スウォン)

 勝:キム ボムス

 敗:キム ミンス

・サムスン 2- 5 KIA(テグ)

 勝:パクチ ュンピョ

 敗:オ スンファン

・ロッテ 3- 9 LG(プサン)

 勝:ウィルソン

 敗:サンプソン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。