主力が打って復権目指す右腕が抑える スターの揃い踏みで釜山ロッテが勝利<韓国KBOリーグ>

3勝目を挙げたパク・セウン(写真:ロッテジャイアンツ)

11日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ-トゥサンベアーズは5-4でロッテが勝利。

打っては3番チョン・ジュンウ選手、4番イ・デホ選手がそれぞれ1打点。そして決勝打を9番のミン・ビョンホン選手が放ちました。

ミン・ビョンホン選手は2-2で迎えた4回裏、1死二、三塁でセンター前ヒットを放ち、2打点を挙げています。

投げては復活が期待される24歳のパク・セウン投手が先発し、6回途中までを投げて被安打5。トゥサン打線を味方のエラーなどで喫した2点に抑えました。

パク・セウン投手はプロ4年目の2017年に12勝を挙げ、チームのエースの座に名乗りを上げましたが、この2シーズンは右ひじ手術による離脱もあり、結果を残すには至りませんでした。

低めに決まる伸びのあるストレートでカウントを稼ぎ、カーブで凡打を誘ったパク・セウン投手はこの日の勝利で今季3勝目。昨年の勝ち星に並んでいます。

◆「今季初の引き分けゲーム」

LGツインズ-NCダイノス(チャムシル)は6-6で延長12回規定により引き分け。今季初めてのドローとなりました。

KBOリーグの延長戦規定は12回まで。時間制限はありません。今季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、中止やノーゲーム後の試合編成に変更がありますが、延長戦の規定は昨年までと同じです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、出場機会はありませんでした。試合は上記の通り、ロッテに敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月11日(土)の結果

・LG 6- 6 NC(チャムシル)

 勝:

 敗:

・KT 10- 7 サムスン(スウォン)

 勝:ユ ウォンサン

 敗:ノ ソンホ

・ハンファ 3- 5 SK(テジョン)

 勝:キム テクヒョン

 敗:ムン ドンウク

・KIA 8- 3 キウム(クァンジュ)

 勝:ブルックス

 敗:イ スンホ

・ロッテ 5- 4 トゥサン(プサン)

 勝:パク セウン

 敗:ユ ヒグァン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。