9番パク・チャンホ、2ラン含む3安打の活躍 KIAが連敗を4で止める<韓国KBOリーグ>

パク・チャンホ(写真:KIAタイガース)

9日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-KTウィズは10-4でKIAが勝利。

KIAは1-2で1点を追う4回裏、9番のパク・チャンホ選手が2号2ランをレフトに放ち、3-2として逆転に成功します。しかしKIAは5回表に2点を喫し、再び1点を追う展開になりました。

3-4で迎えたKIAの6回裏の攻撃。KIAは8番ナ・ジュファン選手のタイムリーで4-4の同点に追いつくと、4回に2ランを放った9番パク・チャンホ選手がヒットでチャンスを広げました。KIAは後続打者の内野ゴロの間に1点が入って、勝ち越しに成功します。

パク・チャンホ選手は8回裏、先頭打者として回ってきた4打席目で二塁打を放ち、この日3安打。KIAはこの回、4番ナ・ジワン選手に7号満塁弾が飛び出し、ダメ押しの10点目を挙げました。

KIAは9番打者パク・チャンホ選手がキープレーヤーとなって、連敗を4で止めています。

◆「有観客の日はいまだ決まらず」

日本よりも早くシーズン開幕をスタートさせた韓国ですが、あす10日から有観客試合を行うNPBに対し、KBOリーグはいまだ観客を入れての試合には至っていません。各球団、有観客に向けた準備を整えてはいるものの、小規模の集団感染が各地域で発生していることから、行政機関からのゴーサインが出ない状況です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

6回裏、9番センターのチョン・スビン選手に代打オ・ジェウォン選手が送られ、7回表からセンターの守備に入りました。

8回裏、1死三塁で打順が回り、センターに犠牲フライを放って、チームの4点目を挙げています。5月21日以来の2打点目です。試合は6-0でLGツインズに勝利しました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月9日(木)の結果

・トゥサン 6- 0 LG(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:ウィルソン

・キウム 4- 2 サムソン(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ペク チョンヒョン

・SK 2- 8 NC(インチョン)

 勝:チェ ソンヨン

 敗:キム テフン

・ハンファ 3- 5 ロッテ(テジョン)

 勝:サンプソン

 敗:キム ボムス

・KIA 10- 4 KT(クァンジュ)

 勝:ホンサンサム

 敗:チョ ヒョンウ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。