月間MVP受賞を自ら祝う決勝打 ロハスの活躍でKT3連勝<韓国KBOリーグ>

打点でもトップに躍り出たメル・ロハス(写真:kt wiz/初報から差し替え)

8日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-KTウィズは1-1の同点で迎えた3回表、KTが1死二、三塁のチャンスを作ると、3番メル・ロハス選手がセンター前にヒット。二者が還ってKTは3-1と勝ち越しに成功しました。

ロハス選手は5回にも2死二塁でライト前にタイムリーヒットを放ち、この日2安打3打点でした。試合はKTが7-4で勝利。KTは3連勝、敗れたKIAは4連敗です。

韓国野球委員会(KBO)はこの日、6月の月間MVPを発表。KTのロハス選手がKBOリーグ4シーズン目で初受賞しています。6月のロハス選手は打率3割4分7厘、25打点。月間トップの11本塁打をマークしました。

ロハス選手は今季ここまで19本のホームランを放ち、リーグトップ。打点もこの日52として1位に。打率も3割7分4厘(2位)とハイアベレージを記録中です。クリーンアップに座り、過去3年同様に安定した活躍を見せるスイッチヒッターのロハス選手。頼れる主軸の活躍でKTは借金を1として、次の試合に勝つと勝率を5割に乗せます。

◆「キム・ヒョンス、史上18人目の1000打点達成」

LGツインズのキム・ヒョンス選手がトゥサンベアーズ戦で9、10号と2本の2ランを放ち、この日4打点。通算1000打点を達成しました。KBOリーグ史上18人目です。

2006年に育成選手としてトゥサン入りしたキム・ヒョンス選手は、球界屈指のヒットマシーンとして代表チームでも活躍。2016年から2年間メジャーリーグでプレーし、18年からLGでプレーしています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、出場機会はありませんでした。試合は5-8でLGに敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月8日(水)の結果

・トゥサン 5- 8 LG(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:パク チョンギ

・キウム 7- 6 サムスン(コチョク)

 勝:イ ヨンジュン

 敗:チャン ピルチュン

・SK 3- 2 NC(インチョン)

 勝:イ ゴンウク

 敗:イ ジェハク

・ハンファ 2- 6 ロッテ(テジョン)

 勝:ストレイリー

 敗:サーポルト

・KIA 4- 7 KT(クァンジュ)

 勝:デスパイネ

 敗:イ ミンウ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。