安田権守、久々のヒットと初盗塁/KTがチームリーダーの4打点で快勝<韓国KBOリーグ>

低めのチェンジアップを拾って久々ヒットのアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ)

5日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-キウムヒーローズは10-5でKTが勝利。

KTは2回に6番パク・キョンス選手がライトポール際に6号3ランを放って3点を先制。パク・キョンス選手は3回にも犠牲フライを放って計4打点。試合はKTが3回を終わって7-0と大きくリードしました。

チームリーダーの活躍で試合を優位に進めたKTは、10-5で勝利しています。

◆「パク・ピョンホ、歴代14人目の通算300本塁打達成」

キウムのパク・ピョンホ選手がKT戦の5回表、センターバックスクリーンの左に14号2ランを放ち、KBOリーグ歴代14人目となる通算300本塁打を達成しました。初ホームランはLGツインズに在籍していたプロ1年目の、2005年6月2日のKIAタイガース戦です。

パク・ピョンホ選手は2011年のシーズン途中にネクセン(現キウム)に移籍すると、能力が開花。その年に自身初のシーズン2けたアーチを記録し、翌12年からは6シーズン連続(アメリカでプレーしていた2シーズンを除く)30本超え。その間2度、50本以上のアーチを放ち、本塁打のタイトルを5度獲得しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦の7回表、5番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に。7回裏、2死ランナーなしで打順が回り、3番手キム・ジョンス投手が投じたカウント0-2の3球目、低めのボールになるチェンジアップを右手で拾って、センター前にヒットを放ちました。

続くオ・ジェウォン選手の3球目にKBOリーグでの初盗塁を決め、オ・ジェウォン選手の二塁打で6点目のホームを踏んでいます。アン・グォンス選手のヒットは5月22日のサムスンライオンズ戦以来、今季4本目です。試合は7-4でトゥサンベアーズが勝利しています。

KBOリーグで初盗塁を決めたアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ)
KBOリーグで初盗塁を決めたアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ)

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月5日(日)の結果

・トゥサン 7- 4 ハンファ(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:チャド・ベル

・KT 10- 5 キウム(スウォン)

 勝:キム ミンス

 敗:イ スンホ

・サムスン 3- 7 LG(テグ)

 勝:チン ヘス

 敗:チャン ジフン

・ロッテ 3- 6 SK(プサン)

 勝:パク チョンフン

 敗:パク セウン

・NC 7- 6 KIA(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:ムン ギョンチャン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。