パク・ピョンホ、4番の本能を見せつける2発5打点 通算300号まであと1本<韓国KBOリーグ>

この日の1本目、12号3ランを放ったパク・ピョンホ(写真:キウムヒーローズ)

2日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-トゥサンベアーズは、キウムが序盤の5点のビハインドをひっくり返して10-7で勝利。キウムは4番のパク・ピョンホ選手が12、13号と、2本のホームランを含む3安打5打点の活躍を見せました。

パク・ピョンホ選手はここまで打率2割2分6厘。腰と手首、ひざに故障を抱え、厳しいシーズンを過ごしていますが、この日は4番の本能を発揮しました。

プロ16年目、今月10日に34歳になるパク・ピョンホ選手は、通算300本塁打にあと1本としています。

◆「ハンファ新助っ人決定、SKキンガム退団」

ハンファイーグルスはジャレド・ホイング外野手に代わる外国人選手としてブランドン・バーンズ外野手を獲得したと発表。2週間の隔離期間を経てチームに合流する予定です。なお、ハンファはバーンズ選手が隔離中も自宅で体を動かせるようにと、庭付きの一戸建てを賃貸契約したそうです。

またSKワイバーンズはニック・キンガム投手をウエーバー公示申請したと発表しました。キンガム投手は2試合に先発し2敗。右ひじ痛により5月15日から戦列を離れていました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日は出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月2日(木)の結果

・LG 3- 4 KT(チャムシル)

 勝:チュ グォン

 敗:ソン ウンボム

・キウム 10- 7 トゥサン(コチョク)

 勝:キム サンス

 敗:クォン ヒョク

・サムスン 6- 2 SK(テグ)

 勝:ウォン テイン

 敗:イ ゴンウク

・KIA 7- 1 ハンファ(クァンジュ)

 勝:イ ミンウ

 敗:サーポルト

・NC 9- 7 ロッテ(チャンウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:チン ミョンホ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。