金泰均(元千葉ロッテ)が決勝打 4番のひと振りで最下位のハンファ連勝<韓国KBOリーグ>

4番の仕事を見せたキム・テギュン(写真:ハンファイーグルス)

26日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-KTウィズは、7-4でハンファが勝利。

ハンファは1-1で迎えた3回裏1死二、三塁で、4番キム・テギュン選手(元千葉ロッテ)がカウント2ボールからの3球目、真ん中高めのストレートを右方向に叩き、打球はライトの前へ。この当たりで二者が生還し、ハンファは3-1と勝ち越しに成功しました。

ハンファはこの回さらに3点を追加して6-1に。その後もリードを守って逃げ切っています。

今月12日にリーグワーストに並ぶ18連敗を記録したハンファは、現在も勝率2割台の最下位ですが、18連敗脱出以後は5勝7敗でこの日は約2週間ぶりの連勝を飾りました。

(関連記事:リーグ35年ぶりの18連敗。ハンファが球界創成期のワースト記録に並ぶ

◆「チ・ソンジュン(ロッテ)私生活のトラブルで無期限出場停止」

ロッテジャイアンツのチ・ソンジュン捕手に私生活でのトラブルが生じ、ロッテ球団は同選手を無期限出場停止処分としました。

チ・ソンジュン捕手は連絡を取り合っていた女性が、未成年と知りながら関わりを持っていたと、当事者とされる女性がSNSで明らかに。事態を重く見た球団は今回の処分を下すに至っています。

チ・ソンジュン捕手は昨オフにハンファからロッテに移籍。今季の1軍出場は3試合で、主にファームでマスクをかぶっていました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

LGツインズとの2軍戦に1番センターで先発出場し、6打数3安打2打点。打率を2割8分2厘に上げました。試合は11-2で勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月26日(金)の結果

・トゥサン 3- 9 NC(チャムシル)

 勝:カン ユング

 敗:パク チグク

・キウム 6- 8 KIA(コチョク)

 勝:ギャニオン

 敗:チョ ヨンゴン

・SK 7- 0 LG(インチョン)

 勝:イ ゴンウク

 敗:ケリー

・ハンファ 7- 4 KT(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:ソ ヒョンジュン

・ロッテ 4- 6 サムスン(プサン)

 勝:ウ ギュミン

 敗:パク チンヒョン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。