復帰のヤン・ウィジが存在感見せる/コロナ禍の経費節減で2軍戦再編成<韓国KBOリーグ>

7号決勝ソロを放ったヤン・ウィジ(写真:NCダイノス)

23日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-NCダイノスは4-3でNCが勝利。NCは19日の故障者リスト入りから戻ってきた、正捕手のヤン・ウィジ選手が存在感を見せました。

4番のヤン・ウィジ選手は初回の第1打席、1死三塁でレフトに先制点となる犠牲フライを放つと、4回表の2打席目には追加点の足掛かりとなるレフトへの二塁打。

その裏NCは2-2の同点に追いつかれるも、6回表にヤン・ウィジ選手が7号ソロをレフトスタンドに運び、3-2として勝ち越しに成功。この一打が決勝打となりました。

良性発作性頭位めまい症でハンファとの3連戦を欠場したヤン・ウィジ選手。復帰初戦で先制打と決勝弾を含む、3打数2安打2打点の活躍です。

◆「ハンファ、ホイングが退団し、新助っ人獲得」

ハンファは今季3年目のシーズンを迎えていたジャレド・ホイング外野手をウエーバー公示申請し、新たにブランドン・バーンズ外野手を獲得したと発表しました。

18年には3割、30本、100打点以上を記録し、ファンからも愛されていたホイング外野手。今季は34試合に出場、打率1割9分4厘、4本塁打、14打点という成績でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

トゥサンベアーズの2軍(フューチャーズリーグ)は試合がありませんでした。次の試合は26日(金)からのLGツインズとの3連戦です。

なお韓国野球委員会(KBO)は23日、無観客試合が続いていることで各球団、財政難を招いていることから、2軍の遠征費用を抑えることを目的に、2軍戦の南・北両リーグでの交流戦117試合の中止を決定。中止とした試合の半分程度を、宿泊を伴わない移動距離の少ない日程に再編成するとしています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月23日(火)の結果

・LG 3- 8 キウム(チャムシル)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:キム ユンシク

・SK 2- 9 トゥサン(インチョン)

 勝:フレクセン

 敗:キム テフン

・KT 3- 4 NC(スウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:デスパイネ

・サムスン 11- 4 ハンファ(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:チャド・ベル

・ロッテ 4- 3 KIA(プサン)

 勝:オ ヒョンテク

 敗:ムン ギョンチャン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。