35歳の遊撃手、2戦連続V打となる「技あり」のサヨナラ打 トゥサン3連勝<韓国KBOリーグ>

技ありのサヨナラ安打を放ったキム・ジェホ(写真:トゥサンベアーズ)

6日の韓国KBOリーグは2試合が14時開始、3試合が17時開始で行われました。韓国で6月6日は戦没者追悼日である「顕忠日」。複数のチームがミリタリーユニフォームを着用しました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-KIAタイガースはホームのトゥサンが、迷彩柄がデザインされたユニフォームでプレー。

トゥサンは1-3で2点を追う7回裏、無死二、三塁で7番リュ・ジヒョク選手がレフトへの犠牲フライで1点差に。さらにヒットで1死一、三塁となったところで、9番クォン・ミンソク選手の代打キム・ジェホ選手がライトへ犠牲フライ。トゥサンは3-3の同点に成功しました。

トゥサンは9回裏、二塁打と送りバントでの捕手のフィルダースチョイスで、無死一、三塁のチャンスを作ると、打席には前の打席で同点犠飛を放っているキム・ジェホ選手。

キム・ジェホ選手はカウント1-1からのスライダーにバットを軽く合わせて、前進守備のショートとセンターの間に落ちる技ありのヒット。この当たりで三塁走者が生還し、トゥサンが4-3サヨナラ勝ちで3連勝を飾りました。

キム・ジェホ選手は前日5日のKIA戦でも7回に勝ち越しタイムリーを放ち、その一打が決勝打に。そして6日にはサヨナラ打と2試合続けて試合を決めました。

年間144試合を戦う中で、主力選手を休ませながら起用するのが定着している韓国。35歳のレギュラー遊撃手のキム・ジェホ選手は、今季ここまで打率3割5分6厘(リーグ10位)の好成績を残していますが、この日はコンディション維持のため途中からの出場でした。

代わって先発ショートで出場したのは、プロ3年目21歳のクォン・ミンソク選手。プロ2試合目の出場、初のスタメンでした。トゥサンは若手選手に機会を与えて着実に成長させる、育成に長けたチームとして知られています。

◆「ハンファは球団ワーストタイの13連敗」

ハンファイーグルスはNCダイノス戦に敗れて、球団ワーストタイの13連敗。ハンファはこの日、試合前に1軍コーチ5人が登録抹消されましたが、登録されたコーチはなく、投打のコーチ不在で試合を行いました。試合後に2軍を担当するコーチの1軍への異動が発表になっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

トゥサンベアーズの2軍は試合がなく、次の試合は9日にKIAタイガース戦が予定されています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

⇒ 安田権守(トゥサン)はファームへ

以下が全5試合の結果です。

◇6月6日(土)の結果

・トゥサン 4- 3 KIA(チャムシル)

 勝:パク チグク

 敗:キム ミョンチャン

・キウム 5- 4 LG(コチョク)

 勝:イム ギュビン

 敗:イ サンギュ

・SK 6- 4 サムスン(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:チェ チェフン

・ハンファ 2- 14 NC(テジョン)

 勝:ク チャンモ

 敗:チャド・ベル

・ロッテ 1- 0 KT(プサン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:キム ジェユン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。