李大浩の押し出し四球でロッテが延長戦を制し、連敗を4で止める<韓国KBOリーグ>

イ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

31日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-ロッテジャイアンツは、前日に続いて延長戦に突入。3-3で迎えた11回表、ロッテは1死後、エラーと四球、ヒットで満塁のチャンスを作り、打席に4番のイ・デホ選手が入りました。

イ・デホ選手は代わったばかりのトゥサンの5番手イ・ヒョンボム投手からストレートの四球を選び、ロッテは4-3と勝ち越しに成功。勢いづいたロッテはこの回に4点を追加して、8-3と大きくリードを奪って勝利し、連敗を4で止めました。

勝ち越し四球を選んだイ・デホ選手は、7回の4打席目にサードへの内野安打で出塁し、通算3000塁打まであと1としました。KBOリーグでは過去15人が3000塁打を達成しています。イ・デホ選手の現在の打率は3割4分9厘(リーグ9位タイ)です。

ロッテは8回途中からマウンドに上がったイ・インボク投手が、3回を投げて2安打無失点ピッチング。プロ7年目での初勝利を飾りました。

◆「5月最終日にSKが最下位脱出」

5月5日の開幕から低迷が続いていた10位のSKワイバーンズが、ハンファイーグルスに勝って4連勝。敗れた9位のハンファは8連敗で、最下位が入れ替わりました。首位NCダイノスとハンファとのゲーム差は11.5です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

3-3で迎えた10回裏1死、ヒットで出塁した4番キム・ジェファン選手の代走として出場。11回表からレフトに守備に入りました。試合は上記の通り、トゥサンはロッテに敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。6月1日は試合がありません。

◇5月31日(日)の結果

・トゥサン 3- 8 ロッテ(チャムシル)

 勝:イ インボク

 敗:クォン ヒョク

・キウム 8- 12 KT(コチョク)

 勝:ペ ジェソン

 敗:イ スンホ

・SK 6- 4 ハンファ(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:キム ジンヨン

・サムスン 7- 18 NC(テグ)

 勝:ク チャンモ

 敗:チェ チェフン

・KIA 5- 13 LG(クァンジュ)

 勝:ウィルソン

 敗:ギャニオン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。