NCの韓国2年目助っ人右腕 8回無失点の好投でトップタイの3勝目<韓国KBOリーグ>

8回4安打無失点で3勝目を挙げたルチンスキー(写真:NCダイノス)

23日の韓国KBOリーグは1試合が14時開始のデーゲーム、4試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークで行われたNCダイノス-ハンファイーグルスは、NCの先発ドリュー・ルチンスキー投手が好投。5回1死までハンファ打線に対して7つの三振を奪い、ランナーを1人も出さないパーフェクトピッチングを見せました。

ルチンスキー投手はヤン・ウィジ捕手が構える両サイドの低めに、140キロ台後半の直球とカットボール、決め球のツーシームをきっちりと決めていきました。

ルチンスキー投手は8回109球を投げて被安打4、1四球。9つの三振を奪って、ハンファ打線を0点に抑えました。

試合は1、6、8回と1点ずつを挙げたNCが3-0で勝利。ここまで13勝3敗で2位と3ゲーム差をつけての首位です。

ルチンスキー投手は今季負けなしの3勝目。KBOリーグ2年目のルチンスキー投手は昨季、9勝9敗という成績でしたがハンファ戦には3度登板し3敗、防御率は13.94でした。しかしこの日はそのイメージを払拭する好投を見せました。

◆「土曜日に開始時間がバラつく理由は?」

KBOリーグでは月と曜日ごとに試合開始時間が決まっています。5月の場合、平日18時30分、土曜日が17時、日曜日と休日が14時です。しかし球団からの要請などで変更も可能です。

特に週末の場合は試合が夜から午後に変更になることがあります。その理由の多くが「地上波中継」です。

韓国の全5試合は地上波局(KBS、MBC、SBS)傘下のスポーツチャンネル3社と、スポーツ専門の1社2チャンネルで放送されますが、地上波局で中継することが決まると、その試合は開始時間が変更になるケースが多いです。

地上波局ではいわゆるゴールデンタイムを避けた時間帯に、野球中継を行いたいという意向があるため、それに合わせた対応となります。ちなみに地上波局で中継の場合でも、基本的に試合開始から終了まで放送されます。

この日のLGツインズ-KTウィズ戦も当初の17時開始から、SBSの中継実施により14時開始に変更になりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

6回表、7番チョン・スビン選手の代走として出場。その裏からセンターの守備に入りました。攻撃では9回表の先頭打者として打席に入り、カウント2-2からの5球目、内角低めいっぱいの直球を見逃し三振でした。試合はトゥサンベアーズがサムスンライオンズに10-6で勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月23日(土)の結果

・LG 2- 6 KT(チャムシル)

 勝:キム ミン

 敗:チャ ウチャン

・SK 3- 8 KIA(インチョン)

 勝:ブルックス

 敗:キム テフン

・サムスン 6- 10 トゥサン(テグ)

 勝:アルカンタラ

 敗:キム デウ

・ロッテ 4- 12 キウム(プサン)

 勝:ヨキッシュ

 敗:イ インボク

・NC 3- 0 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ルチンスキ―

 敗:キム ミンウ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。