2軍落ちした金泰均(元千葉ロッテ)の代役、昨オフ戦力外の32歳が新天地で活躍<韓国KBOリーグ>

1号先制2ランを放ったキム・ムンホ(写真:ハンファイーグルス)

22日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-ハンファイーグルスは5-3でハンファが勝利。ハンファの2番一塁で先発出場したキム・ムンホ選手は、1回表、ランナーを一塁に置いて、NCの先発左腕キム・ヨンギュ投手からライトに先制の1号2ランを放ちました。

キム・ムンホ選手は4-2で迎えた5回の第3打席で、今度はレフトに2号ソロホームラン。この日、2安打3打点の活躍を見せています。

キム・ムンホ選手は2006年のプロ入り以来、昨年までロッテジャイアンツでプレーしていた32歳。巧打の外野手として役割を果たしてきましたが、昨オフに戦力外となり、今年ハンファ入りしました。

開幕は2軍スタートでしたが、腰痛のジャレド・ホイング選手に代わって15日に1軍に上がると、ここまでの6試合で20打数9安打5打点を記録しています。

ハンファはチームの顔である一塁手のキム・テギュン選手(元千葉ロッテ)が、開幕以来29打数3安打と振るわず、20日に2軍落ち。そのキム・テギュン選手に代わって、キム・ムンホ選手が21日のKTウィズ戦からファーストを守っています。

今季のハンファはキム・ムンホ選手と並んで実績のある左打ちの外野手が多く、激しいポジション争いが予想されていました。しかしシーズン序盤の主軸の離脱で、一塁手として出場の機会を得て、ここまで結果を残しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

7回裏から1番パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。9-7で2点リードの9回表、1死一塁で打席が回り、サイドスローのウ・ギュミン投手から一、二塁間を破るヒット。自身3安打目を記録しました。後続のヒットで11点目のホームを踏んでいます。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月22日(金)の結果

・LG 6- 5 KT(チャムシル)

 勝:キム デヒョン

 敗:イ デウン

・SK 1- 2 KIA(インチョン)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:パク ヒス

・サムスン 7- 12 トゥサン(テグ)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:キム ユンス

・ロッテ 9- 7 キウム(プサン)

 勝:パク チンヒョン

 敗:キム ジェウン

・NC 3- 5 ハンファ(チャンウォン)

 勝:サーポルト

 敗:キム ヨンギュ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。