20歳の4番カン・ベクホが5号弾/ブキャナン(元ヤクルト)は5回10失点で2敗目<韓国KBOリーグ>

3安打3打点のカン・ベクホ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

19日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズ-ハンファイーグルスは、序盤にKT打線が爆発。4回の時点で先発全員安打を記録し、5回までに毎回の13得点を挙げました。

KTは右の内転筋を痛めて戦列を離れているユ・ハンジュン選手に代り、4番に入っているカン・ベクホ選手が大活躍。1回裏、左中間にタイムリー二塁打を放つと、4回にはバックスクリーンの右に豪快な一発。リーグトップタイとなる5号2ランを放ちました。

この日のカン・ベクホ選手は4打数3安打3打点。打率は3割6分7厘を記録しています。プロ3年目、20歳ながらベテランのような風格があるカン・ベクホ選手は、成績でもリーグを代表する選手たちと肩を並べています。

試合はKTの先発ウイリアム・クエバス投手の降板後、ハンファ打線に火がつき、7回に一挙9点。9回にもKTの抑えイ・デウン投手(元千葉ロッテ)から1点を挙げるも一歩及ばず、KTが13-11で何とか逃げ切りました。KTは4連勝です。

また、コチョクスカイドームでは現在最下位のSKワイバーンズが、キウムヒーローズに敗れて10連敗。今季ここまで1勝11敗です。

◆「ブキャナン、5回10失点で2敗目」

サムスンライオンズのデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が今季3試合目の登板。本拠地テグでのLGツインズ戦に先発したブキャナン投手は、5回104球を投げてホームラン3本を含む被安打10。初回に5点を喫すると、2回に2点、4回に3点を許して10失点でした。

ブキャナン投手は1、2、3回と先頭打者に四球を与え、3本のホームランはいずれも、ストライクを取りにいった甘いコースをスタンドに運ばれました。試合はサムスンが6-10で敗れて4連敗。ブキャナン投手はここまで1勝2敗です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回裏、9番チョン・スビン選手の代打キム・インテ選手が四球で出塁すると、代走で出場。次の回からそのままセンターの守備に入りました。9回裏の打順ではオ・ジェウォン選手が代打に入り、退いています。試合は4-5でトゥサンベアーズがNCダイノスに敗れました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月19日(火)の結果

・トゥサン 4- 5 NC(チャムシル)

 勝:ライト

 敗:イ ヨンハ

・キウム 11- 6 SK(コチョク)

 勝:キム テフン

 敗:ピント

・KT 13- 11 ハンファ(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:チャン シファン

・サムスン 6- 10 LG(テグ)

 勝:イム チャンギュ

 敗:ブキャナン

・KIA 9- 2 ロッテ(クァンジュ)

 勝:イ ミンウ

 敗:ソ ジュンウォン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。