元・早実の「腕立て王子」がプロ初安打 2安打記録し足でも活躍<韓国KBOリーグ>

バントヒットで初安打のアン・グォンス(写真:トゥサンベアーズ 初報から差し替え)

10日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたトゥサンベアーズ-KTウィズでは、日本のアマ球界から今季KBOリーグ入りしたアン・グォンス(安田権守)外野手がプロ初安打を記録しています。

(関連記事:エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

この試合、トゥサンの1番ライト、パク・コンウ選手が左太ももに痛みを感じ、3回を終わって途中欠場。代わって4回表からライトの守備にアン・グォンス選手が入りました。

アン・グォンス選手は4-3でリードのその裏、無死一塁でこの日の初打席に入り、KTの先発キム・ミン投手と対戦。

初球ボールの後の2球目を投手の右横にバントし、これが内野安打となって、さらに投手の一塁への送球が逸れる間に二塁に進みました。アン・グォンス選手のKBOリーグ初ヒットです。

アン・グォンス選手の5回の2打席目は四球。7回には1死で3打席目が回り、KTの5番手チュ・グォン投手が投じた1ボールからのチェンジアップをとらえて、一、二塁間を破りました。アン・グォンス選手はこの日2本のヒットを記録しています。

またアン・グォンス選手は5回に出塁した際に、続く2番ホセ・フェルナンデス選手のライトへの二塁打でホームに生還。足でも活躍を見せました。

試合はトゥサンが5回まで10-3と大きくリードするも、KTが終盤追い上げて11-11で延長戦に。12-12となった延長11回裏、トゥサンが相手の守備の乱れで1点を挙げて13-12でサヨナラ勝ちしました。

◆昨年最下位のロッテ、開幕5連勝

昨年最下位(10位)のロッテジャイアンツは地元プサンでのSK戦に4-0で勝利。開幕5連勝です。

ロッテは先発のダン・ストレイリー投手が7回3安打無失点、11三振を奪う好投。打線ではディクソン・マチャド選手が3号2ランを放つなど、新加入の外国人選手が活躍を見せています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

3打数2安打2得点1四球でした。

以下が全5試合の結果です。11日は試合がありません。

◇5月10日(日)の結果

・トゥサン 13- 12 KT(チャムシル)

 勝:イ ヒョンスン

 敗:イ デウン

・キウム 6- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:キム テフン

 敗:アン ヨンミョン

・サムスン 3- 12 KIA(テグ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ペク チョンヒョン

・ロッテ 4- 0 SK(プサン)

 勝:ストレイリー

 敗:キム テフン

・NC 8- 10 LG(チャンウォン)

 勝:チョン ウヨン

 敗:キム ゴンテ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。