パク・ピョンホ決勝弾/イ・ヨンギュ、インタビューで判定に不満吐露。審判が2軍降格<韓国KBOリーグ>

決勝2号2ランを放ったパク・ピョンホ(写真:キウムヒーローズ)

8日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

キウムヒーローズとハンファイーグルスの対戦は3-3で迎えた7回裏、キウムはこの回の先頭打者、3番イ・ジョンフ選手が三塁打で出塁。

続く4番パク・ピョンホ選手はハンファの3番手シン・ジョンラク投手が投じた低めのカーブを豪快にすくい上げ、右中間へ勝ち越しの2号2ランホームランを放ちました。5-3としたキウムが勝利しています。

◆「選手が判定に不満を表し、審判が2軍に降格」

ハンファイーグルスがSKワイバーンズに8-4で勝利した7日の試合後、決勝打を放ったハンファのイ・ヨンギュ選手が、中継局のヒーローインタビューの結びで、「ひと言いいですか?」と言って、「選手たちが球審のストライク、ボールの判定に一貫性がないことに不満を持っている」と話し出しました。

映像:MBCNEWS

イ・ヨンギュ選手は「選手はヒットが打てなかったら眠りにつくこともできず、ヒット1本のためにホテルで深夜3時までバットを振っている選手もいる。そういうこともわかって欲しい」と訴えました。

これを受けて韓国野球委員会(KBO)は8日、当該試合を担当した審判員5人の2軍(フューチャーズリーグ)降格を決定。KBOは審判のシーズンに向けた準備が不足していたと判断し、再教育をするとしました。

また、選手が公の場で審判を批判したことに対しても、自制と再発防止を求めました。

選手の発言、リーグの判断、どちらもなかなか日本では起こらないであろう出来事ですね。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回表、9番チョン・スビン選手に代わって、センターの守備に入りました。そして9回表にはプロ初打席。KTウィズのイ・デウン投手(元千葉ロッテ)に対し、カウント1-2からの4球目を打ってレフトフライでした。試合はトゥサンが3-12で敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月8日(金)の結果

・トゥサン 3- 12 KT(チャムシル)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:ユ ヒグァン

・キウム 5- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:オ ジュウォン

 敗:キム ボムス

・サムスン 5- 0 KIA(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:ギャニオン

・ロッテ 9- 8 SK(プサン)

 勝:ク スンミン

 敗:キム ジュハン

・NC 13- 5 LG(チャンウォン)

 勝:イ ジェハク

 敗:ウィルソン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。