新助っ人の活躍でNCが連勝 敗れたサムスンは明日ブキャナン(元ヤクルト)が先発<韓国KBOリーグ>

初アーチ後のサイレント・トリートメントに笑うアルテール(写真:NCダイノス)

開幕2日目となった6日は全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ対NCダイノスは4-3でNCが勝利。開幕戦に続いて白星を飾りました。

NCは2回表に3点を先制し、3回には2番センターで先発出場のアーロン・アルテール選手がレフトへソロホームラン。アルテール選手はKBOリーグでの初ヒットが初アーチとなって、リードを広げました。

NCの先発も今季からKBOリーグ入りしたマイク・ライト投手。序盤にリードをもらったライト投手は5回を投げて被安打4、失点2、7つの三振を奪って、2番手以降にバトンを託しました。

サムスンは8回裏に2番キム・ドンヨプ選手がこの日のチーム3本目となるソロホームランを放ち、3点目を挙げて1点差にするも後が続きませんでした。

連敗したサムスンの明日7日の予告先発は、デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)と発表になっています。

◆「開幕は3連戦でスタート」

当初予定されていた開幕戦は3月28日の土曜日で開幕シリーズは土、日の2連戦でした。しかし延期された開幕戦は火曜日だったので3連戦でのスタートです。日本では当たり前の3連戦ですが、韓国はシーズン後半になると2連戦で試合が編成されます。今年は8月18日以降が2連戦です。移動が多くなり、日本人コーチからは「なかなかリズムがつかめない」という声がよく聞かれます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

9回裏、4番キム・ジェファン選手に代わって、レフトの守備に入りました。守備機会はなく試合はトゥサンが5-2で今季初勝利を挙げています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月6日(水)の結果

・LG 2- 5 トゥサン(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ソン ウンボム

・SK 5- 2 ハンファ(インチョン)

 勝:ピント

 敗:イム ジュンソプ

・KT 4- 9 ロッテ(スウォン)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:クエバス

・サムスン 3- 4 NC(テグ)

 勝:ライト

 敗:ライブリー

・KIA 2- 3 キウム(クァンジュ)

 勝:オ ジュウォン

 敗:イ ジュンヨン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。