「飛ばないボール」で本塁打42%減の韓国 東京オリンピック4番候補の対策とは?

韓国の主砲パク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)

前年比42.3%減。

これは韓国KBOリーグの昨季とその前年2018年の本塁打数を比較したものだ。

2018年には全10球団720試合で1756本だったホームランの数が、昨年2019年は1014本に減少。1試合平均で2.44本から1.41本と約1本減ったことになる。

昨季の本塁打王はパク・ピョンホ(キウム)。自身5度目のタイトル獲得だったが、その本数は過去の平均42.3本(本塁打王獲得年)に対し、昨季は33本だった。

キャンプでのフリー打撃で快音を響かせるパク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)
キャンプでのフリー打撃で快音を響かせるパク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)

リーグ全体、そして韓国を代表する一発男に影響を与えたもの、それは「飛ばないボール」の導入だ。

KBOリーグはそれまでの極端に打者が有利な状況、いわゆる「打高投低」解消のため、昨季から試合球の反発係数の基準値を下げた。その数値は「0.4134から0.4374の間」から「0.4034以上、0.4234以下」に。ちなみにNPBは「0.4134」を目標値としている。

台湾・高雄での春季キャンプに参加しているパク・ピョンホは昨季を振り返り、ボールの違いを大きく感じていた。

「すべての部門で数値が落ちた。僕だけではなくパワーのあるバッターはみんな感じたと思う。力だけでは打球がフェンスを越えなくなりました」

昨季のパク・ピョンホは打率2割8分、33本塁打、98打点。18年は打率3割4分5厘、43本塁打、112打点だった。パク・ピョンホが「すべての部門」と言う通り、リーグの平均打率も2割8分6厘から2割6分7厘と2分近く減少している。

ブルペンで投手の投球にタイミングを合わせるパク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)
ブルペンで投手の投球にタイミングを合わせるパク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)

パク・ピョンホは飛ばないボールの対策として、このキャンプで取り組んでいるのがミートポイントを前に置くことだ。

「本当にわずかな差ですが、前(投手寄り)で打つようにしています。これまでの前の肘を曲げてスイングする打ち方ではなくて、体の重心を活用した打ち方に変えています」

パク・ピョンホは2016、17年とメジャー、マイナーリーグでプレーした。アメリカで主流とされる後ろに置くミートポイントから、今季は少し前でボールをとらえることを意識している。またバットの重さもこれまでの880~890gから870~880gへと軽くした。

9つ年下でともに代表チームで活躍するキム・ハソン(右)と打撃フォームについて話すパク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)
9つ年下でともに代表チームで活躍するキム・ハソン(右)と打撃フォームについて話すパク・ピョンホ(写真:ストライク・ゾーン)

「常に発展するためにどのような変化が必要かを考えています。どんなに良い成績を残したとしても、現状を維持しようと考える選手はいないと思います。絶えず研究して、そして先を見据えた準備が必要です」

冷静かつクレバーにそう語るパク・ピョンホ。彼の今季の取り組みが実を結び、再び一発を量産するとチームは昨季に続き上位争いに加わるだろう。そして韓国代表の4番として東京オリンピックでの活躍にも期待が高まる。

(関連記事:元楽天・ブリガムも「Why?」 ドームでもサングラスをかけるコーチが新監督に就任