沖縄キャンプ実施のサムスン、千葉ロッテと初の練習試合 ヤクルトとは8年ぶりに対戦

沖縄キャンプで投球練習をするペク・チョンヒョン(写真:ストライク・ゾーン)

日本同様に2月1日から韓国KBOリーグ全10球団の春季キャンプがスタートする。

(関連項目:2020年日韓22球団 春季キャンプ日程表

昨年秋のキャンプでは各球団とも、日韓両国間の政治的関係悪化による対外的イメージを重視。来日した球団は2018年の8球団からゼロとなった。しかし春のキャンプは昨年の7球団に対し、今年は3球団が宮崎、沖縄にやってくる。

うちトゥサンベアーズとLGツインズはオーストラリアでの1次キャンプを打ち上げた後、2次キャンプで日本入り。サムスンライオンズはキャンプ全日程を沖縄・恩納村のONNA赤間ボール・パークで過ごす。

サムスンは今年の沖縄キャンプでNPBとの練習試合を4球団、計5試合予定している。そのうち2試合が千葉ロッテとの対戦だ。

一次キャンプを石垣島で行い、2月中旬に沖縄本島に移動してくる千葉ロッテが、サムスンと沖縄で練習試合を行うのは2008年のキャンプ地移転後、今回が初めてとなる。

サムスンには2017年まで千葉ロッテで投手コーチを務めた落合英二氏が在籍するが、今年から役職が1軍投手コーチから2軍監督となったため沖縄入りはせず、韓国のファーム施設で若手選手の育成に努める予定だ。

昨春のキャンプでの落合英二現二軍監督(写真:ストライク・ゾーン)
昨春のキャンプでの落合英二現二軍監督(写真:ストライク・ゾーン)

またサムスンはヤクルトと2012年以来、8年ぶりに練習試合で顔を合わせる。今季からヤクルトの指揮を執る高津臣吾監督は現役だった2008年に韓国でプレー。ヒーローズ(現キウムヒーローズ)でクローザーを務めた。

サムスンには高津監督のヒーローズでの元同僚、勝ちゲームでの継投もあったファン・ドゥソン元投手がブルペンコーチとして在籍。今回の対戦で久々の再会もあるだろう。

(関連記事:ヤクルト・高津新監督就任 韓国の元同僚は「監督になるべき尊敬できる人」と祝福

サムスンは千葉ロッテ、ヤクルトの他に巨人、日本ハムと1試合ずつ対戦予定。千葉ロッテ戦以外はそれぞれのキャンプ地でのビジターゲームとなる。

千葉ロッテとの練習試合が行われるサムスンのキャンプ地、ONNA赤間ボール・パークはビーチリゾート地の西海岸エリアにある。

2005年の完成以来、サムスンのキャンプ地として使用され、室内練習場の建設にはサムスンも一部協力。建物正面には「ONNASON・SAMSUNG DOME」の石碑が立てられている。

恩納村多目的運動場(室内練習場)前の石碑(写真:ストライク・ゾーン)
恩納村多目的運動場(室内練習場)前の石碑(写真:ストライク・ゾーン)

黒土と天然芝のグラウンドにブルーのフェンスが鮮やかな本球場を中心に、守備練習が行われるサブグラウンド、キャッチボールやウォーミングアップができるサッカー場を併設。その他にも運動公園の敷地内にはトレーニングジムと陸上競技場もあり、充実した練習施設を備えているのが特徴だ。

ホームベース後方からのONNA赤間ボール・パーク(写真:ストライク・ゾーン)
ホームベース後方からのONNA赤間ボール・パーク(写真:ストライク・ゾーン)

サムスンはこの地でキャンプを行って以後、しばらく黄金時代を築いていたが、この4年間は下位に低迷している。今年は現役時代の通算成績が0勝の元投手で、昨年までスコアラーのトップを務めていたホ・サムヨン氏(47)を監督に大抜擢し、チームの再構築を目指している。

また阪神、メジャーリーグでプレーしたオ・スンファンは昨季途中帰国し、6年ぶりに古巣に復帰。沖縄キャンプにも参加する。そして海外での違法賭博による72試合の出場停止処分(昨季のKBO復帰時から)が解ける5月に、再び守護神として姿を見せる見込みだ。

◇サムスンライオンズ 2020年春季キャンプ日程

期間:2月1日~3月5日

休日:2月4日、8日、13日、19日、23日、27日、3月3日(変更の場合あり)

練習試合:2月12日・ヤクルト(浦添)、15日・巨人(セルラー)、16日・千葉ロッテ(赤間)、18日・日本ハム(名護)、20日・千葉ロッテ(赤間) いずれも13時試合開始予定