【プレミア12】韓国、台湾に完敗 投打ともに振るわず今大会初黒星

韓国は台湾に完敗。スコアボードに0が並んだ(写真:ストライク・ゾーン)

プレミア12のスーパーラウンド2日目、韓国はZOZOマリンで台湾と対戦し7-0で完敗した。

韓国の先発キム・グァンヒョン(SK)は初回のピンチを切り抜けるも、2回表、2死二塁で9番ガオ・ユージェに左中間への二塁打で先制点を与える。

打順が1番に戻るとフー・ジンロンがレフトにタイムリーを放ち2-0とした。

台湾は4回にもタイムリーで1点を追加。この日のキム・グァンヒョンはボールが高めに浮き、台湾の打者に早いカウントから攻略され、3回1/3を投げて被安打8、失点3で降板した。

台湾は7回に韓国の4番手ウォン・ジョンヒョンから5番のチェン・ジュンシウが左中間に3ランを放り込み6-0とワンサイドリード。9回にも1点を追加した。

一方の韓国打線は台湾の先発ジャン・イー(張奕、オリックス)に対し、1回裏、四球とヒット、ボークで1死二、三塁のチャンスを作るも得点ならず。以後、チャンスらしいチャンスなく、ジャン・イーに抑えられた。

ジャン・イーは6回2/3を投げ、散発の被安打4、韓国打線を0点に抑えた。

試合後、韓国のキム・ギョンムン監督は「今日は重要なゲームだったが相手のすべてに負けた試合だった。毎試合は勝てないので早く忘れて残り2試合、次のメキシコ戦でベストを尽くしたい」と話した。

また先発のキム・グァンヒョンは「言い訳はできない。今年最悪のピッチングだった。台湾のバッターはストレートにタイミングが合っていて、変化球への対応も良かった」と登板を振り返った。

中4日で登板のキム・グァンヒョンはこの日の球威について「今シーズンたくさんのイニングを投げたので力が落ちているのは事実だ。きょうの試合を教訓に次に向けてコンディションを整えたい」と話した。

韓国はこの敗戦でオープニングラウンドから持ち越した成績を含めて2勝1敗とし日本と並んで2位。メキシコが3勝0敗で1位に立っている。

韓国は13、14日と試合がなく、15日に東京ドームでメキシコと対戦する。

◇11月12日(火)の結果

・プレミア12 スーパーラウンド

 メキシコ 3- 0 オーストラリア(東京ドーム)

 勝:エドゥアルド・ベラ

 敗:ジョシュア・ガイヤー

 韓国 0- 7 台湾(ZOZOマリン)

 勝:ジャン・イー

 敗:キム グァンヒョン

 日本 3- 4 アメリカ(東京ドーム)

 勝:クレイトン・リチャード

 敗:高橋 礼

(関連項目)プレミア12 日程と結果 韓国代表選手一覧