【プレミア12直前】韓国、強化試合で日本と同組のプエルトリコに完封リレーで快勝

記念撮影を行う韓国、プエルトリコの両軍(写真:ストライク・ゾーン)

今回が2回目となる4年に1度の野球の国際大会「プレミア12」に出場する前回王者の韓国代表は1日、韓国・ソウルのコチョクスカイドームでプエルトリコとの強化試合(評価戦)を実施。4-0で韓国が快勝した。

この試合に韓国は2人のエース左腕、ヤン・ヒョンジョン(KIA)とキム・グァンヒョン(SK)が1、2番手で登板。3番手にも左腕のチャ・ウチャン(LG)がマウンドに上がり、3投手がいずれも2イニングを無失点に抑える好投を見せた。

中でも先発のヤン・ヒョンジョンは走者を出さず、打者6人から4つの三振を奪う、完璧なピッチング。最速149キロの直球と同じ腕の振りから繰り出すチェンジアップに、プエルトリコ打線はタイミングが合わなかった。

7回以降はコ・ウソク(LG)、ウォン・ヒョンジョン(NC)、イ・ヨンハ(トゥサン)が1イニングずつ投げ、無失点リレー。6投手で11個の三振を奪って相手打線を封じた。

一方、韓国攻撃陣は26日まで韓国シリーズを戦っていたトゥサン、キウム以外のメンバーを主体に先発オーダーを組んだ。

1、2回とプエルトリコの先発フェルナンド・クルーズのフォークに手こずり、ノーヒットで終えるも、3回、2番手以降の投手には打者陣が対応し、3回に相手のエラーで1点。

続く4回にも7番カン・ベクホのタイムリー二塁打で1点を追加。5回には韓国シリーズ出場組で唯一先発出場した4番のキム・ジェファン(トゥサン)がプエルトリコの3番手左腕のミゲル・マルティネスからライトへ特大の2ランホームランを放った。

試合後、ホームランを放ったキム・ジェファンはKBOリーグのボールと大会使用球との違いについて聞かれると、「まだ数多く打っていないのでわからないが、少し(大会球の方が)飛ぶかもしれない」と答えた。

今年KBOリーグはボールの反発係数の基準値を下げ、リーグの総本塁打数は2018年の1756本から今年は1014本と約42%も減っている。

また先発のヤン・ヒョンジョンは「コンディションが上がってきている。変化球の感覚も思ったより悪くなかった。いい結果で気分がいい」と話した。

韓国のキム・ギョンムン監督は試合を振り返り、「ヤン・ヒョンジョン、キム・グァンヒョンをはじめ投手陣が思ったより良かった」とし、キム・ジェファンの一発については「中心打者のホームランはチームの活力になる」と選手の活躍をたたえた。

敗れたプエルトリコのフアン・ゴンザレス監督は「韓国は世界の中で強いチームのひとつ。韓国のピッチャーは全体的に良く、点を取るのが難しかった」と話した。

プエルトリコはプレミア12で日本、台湾、ベネズエラと同組のグループB。韓国はグループCでキューバ、オーストラリア、カナダと対戦する。

韓国とプエルトリコは2日にも17時から強化試合を行う。

(関連項目)プレミア12 日程と結果 韓国代表選手一覧