26日の韓国KBOリーグ・韓国シリーズ第4戦、キウムヒーローズ対トゥサンベアーズは延長10回、11-9でトゥサンが勝利し、対戦成績を4勝0敗として3年ぶり6度目のシリーズ制覇を果たしました。

3連敗で後がないキウムは初回に2点を先制。主導権を握るかと思われましたが、トゥサンは2回表、2死ランナーなしから4連打で3点を挙げ、逆転に成功します。

しかしキウムも2回裏、打者一巡の攻撃で6点を挙げ、8-3と5点のリードを奪います。

5点を追うトゥサンは4回表、またも2死からチャンスを作り、前の打席でタイムリーを放った8番ホ・ギョンミン選手のタイムリーで1点を返します。

さらにトゥサンは5回表、1番からの攻撃でこちらも打者一巡し5得点。9-8として再逆転しました。

6、7、8回と両チーム得点なく、迎えた9回裏、キウムは2死満塁のチャンスを作ると、1番ソ・ゴンチャン選手のサードへのゴロがエラーとなって9-9の同点に。試合は延長戦に突入しました。

トゥサンは10回表、キウムの10番手、9回からマウンドに上がったジェイク・ブリガム投手(元楽天)からこの日3打点の9番オ・ジェウォン選手が3本目のヒットとなる二塁打で出塁。2死三塁となって3番オ・ジェイル選手がライトへタイムリー二塁打を放って勝ち越しに成功します。

さらに4番キム・ジェファン選手にもヒットが出て、トゥサンは11-9として2点のリードを奪いました。

10回裏、追うキウムは4番からの攻撃でしたが、イ・ヨンチャン、ペ・ヨンス両投手の継投に三者凡退で終わりゲームセット。トゥサンが4タテで優勝を果たしました。

韓国シリーズMVPには第1戦でサヨナラヒット、第4戦でも決勝打を放ったオ・ジェイル選手が選ばれています。

◆「4タテでの優勝は史上8度目」

第1戦からの4連勝でのシリーズ制覇は、2016年のトゥサンがNCダイノスとの対戦で達成して以来8度目。トゥサンは3年ぶりの優勝が3年前と同じ4タテでの優勝となりました。

◇10月26日(土)の結果

・韓国シリーズ第4戦

 キウム 9- 11 トゥサン(コチョク)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:ブリガム

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。