田辺徳雄ハンファ前コーチ、西武に新設の3軍統括コーチとして復帰 今季を振り返る

試合前の練習でトスを上げる田辺徳雄ハンファ前コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

ハンファイーグルスは今月8日、今季1軍打撃コーチを務めた田辺徳雄前西武監督(53)の退団を発表。追って25日、西武は新設の3軍統括コーチに田辺前監督の就任を発表した。

田辺コーチは今季、西武の球団本部チームアドバイザーに在職のままハンファに派遣。シーズン終了とともに再び西武に復帰する形となった。

(関連記事:西武前監督の田辺徳雄氏、ハンファの打撃コーチに就任

公式戦最終戦を控えた9月末、田辺コーチはハンファでの今シーズンを「早かった。上位と6位以下の実力の差が大きかった」と振り返った。

ティー打撃を見つめる田辺徳雄コーチ(写真:ストライク・ゾーン)
ティー打撃を見つめる田辺徳雄コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

ハンファの今季は10球団中の9位。前年の2018年シーズンは11年ぶりのポストシーズン進出となる3位の好成績を残し、今季も上位維持の期待が高まったがそれに応えることは出来ず、再び下位へと逆戻りした。低迷の要因の一つに主力野手の不在があった。

開幕前に代表チーム常連の外野手イ・ヨンギュ(34)が、起用法への不満から球団にトレードを直訴。これを球団は規律違反としてイ・ヨンギュを無期限の活動停止処分とした。

処分が解除になったのはシーズン終盤の9月1日。イ・ヨンギュを欠いたハンファは外野手を固定できず、レフト、センター、ライトの各ポジションで100試合以上守った選手がリーグで唯一、1人もいなかった。

またショートのハ・ジュソク(25)は開幕直後の3月28日のKIA戦で、守備中に左ひざの十字じん帯を断裂。4月に手術を行い、今季をリハビリに費やした。ハ・ジュソクの穴はチームにとって攻守両面で大きな痛手となった。

9月、韓国を視察訪問した侍ジャパンの稲葉篤紀監督、建山義紀コーチ、井端弘和コーチと対面した田辺コーチ(写真:ストライク・ゾーン)
9月、韓国を視察訪問した侍ジャパンの稲葉篤紀監督、建山義紀コーチ、井端弘和コーチと対面した田辺コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

一方の投手陣も2けた勝利を挙げた両外国人投手に続く先発投手が不在。田辺コーチも「上位チーム相手に下(2軍)から上がってきたばかりのピッチャーが先発しても厳しい。初回は抑えられても2回以降はやられた」と投手の人材不足を口にした。

今季、田辺コーチが日本を離れている間に、西武では7月に新しい室内練習場が完成。「戻ったら浦島太郎かもしれない」と言って笑った。

現在の西武について「2軍は待ったなしの状態」と話した田辺コーチは、若獅子たちの育成に熱意を見せていた。