【韓国シリーズ第1戦】5年連続シリーズ出場のトゥサン サヨナラ勝ちで初戦を制す<韓国KBOリーグ>

サヨナラ打を放ったオ・ジェイル(写真:トゥサンベアーズ)

今年の韓国KBOリーグ・韓国シリーズ、公式戦1位のトゥサンベアーズと準プレーオフ、プレーオフと勝ち上がった3位のキウムヒーローズの対戦が22日にソウルのチャムシル球場で幕を開けました。

第1戦は9回裏、トゥサンが7-6でサヨナラ勝ち。初戦を制しました。

試合は2-1でトゥサンリードの4回裏、トゥサンが4点を挙げて、6-1とリードを広げます。

前半戦はトゥサンの先発ジョシュ・リンドブロム投手が要所を締め、トゥサンペースで進みましたが、6回以降、両チームともリリーフ陣がマウンドに上がるとキウムが主導権を握ります。

キウムは6、7回と先頭打者が出塁し、6回に3点、7回に2点を挙げて6-6の同点としました。

トゥサンは5回以降得点なく迎えた9回裏、この回の先頭1番パク・コンウ選手は、放ったショートフライが相手のエラーとなって出塁。続く2番チョン・スビン選手はバントヒットを成功させて無死一、二塁とします。

1死後、4番キム・ジェファン選手が四球で歩いて満塁とすると、5番オ・ジェイル選手がセンターオーバーのタイムリーヒットを放ち、三塁走者が還って、トゥサンがサヨナラ勝ちを収めました。

敗れたキウムは3番のイ・ジョンフ選手が4安打するなど中軸は得点機を作るも、4回表の無死満塁のチャンスで無得点に終わるなど、プレーオフで活躍を見せた下位打線がつながらず、リードを奪うことが出来ませんでした。

◆「6度目のVか、初優勝か」

韓国シリーズは全7戦。先に4勝した方がこの年の優勝チームです。公式戦1位チームがシリーズで敗れた場合、準優勝(2位)という扱いになります。

トゥサンは5年連続13度目の韓国シリーズ出場(前身のOB含む)。キウムは前名称のネクセンヒーローズとして出場した、2014年以来5年ぶり2度目です。トゥサンは6度目のシリーズ制覇、キウムは初優勝を目指します。

◇10月22日(火)の結果

・韓国シリーズ第1戦

 トゥサン 7- 6 キウム(チャムシル)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:オ ジュウォン

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。