【プレーオフ第2戦】キウム連勝 3度の集中打で接戦を制してシリーズへ王手<韓国KBOリーグ>

2本の二塁打で2打点を挙げたキム・ギュミン(写真:キウムヒーローズ)

15日の韓国KBOリーグ・プレーオフ第2戦、SKワイバーンズ対キウムヒーローズは、キウムが初戦に続いて接戦を制して連勝。対戦成績を2勝0敗としました。

前夜、延長戦で惜敗したSKは2回裏、この回先頭の4番ジェイミー・ロマック選手がレフトへ先制のソロホームラン。3回にも2番のハン・ドンミン選手がライトに2ランを放ち、SKが一発攻勢で3点をリードしました。

しかし追うキウムはすぐさま反撃に転じます。3回までSKの先発アンヘル・サンチェス投手に5三振を喫するなど、抑えられていたキウム打線はつながりました。

4回表、中軸が連打で作ったチャンスで6番キム・ウンビン選手のレフトへのタイムリーで1点を挙げると、7番キム・ギュミン選手の左中間への二塁打で二者が生還。3-3の同点に追いつきました。

さらにキウムは5回表に1番ソ・ゴンチャン選手のタイムリーヒットで1点をリードすると、2番キム・ハソン選手の左中間への2ランでリードを3点に広げました。

6-3となり3点を追うSKもその裏、ランナー2人を置いて、前の打席でホームランを放っているハン・ドンミン選手が右中間へ2点タイムリー二塁打を放ち、1点差に迫りました。

そして6回裏、SKはジェイミー・ロマック選手がこの日2本目となるアーチを右中間スタンドに運んで6-6の同点に。7回にも内野ゴロの間に1点を挙げたSKは7-6と勝ち越しに成功しました。

SKは8、9回を抑えて1勝1敗のタイに持ち込みたいところでしたが、キウム打線は再び集中打を見せます。

キウムは4回に連続ヒットで3打点を挙げた6、7番コンビが8回にもバントヒットとライトへの二塁打で1死二、三塁のチャンスを作ると、8番イ・ジヨン選手がセンター前ヒットを放って7-7の同点に。

さらに代打のソン・ソンムン選手にライト線へのタイムリー二塁打が飛び出して、キウムはこの試合2度目の4連打で8-7と1点をリードしました。

キウムは9回裏のSKの攻撃を8番手のオ・ジュウォン投手が3人で締めてゲームセット。2連勝で韓国シリーズ進出に王手をかけました。

◆「KIAの新監督に元メジャーの指揮官が就任」

今季7位のKIAタイガースは来季の新監督に、元ナショナルズ監督のマット・ウィリアムズ氏の就任を発表しました。現役時代、長距離砲として活躍し、監督としては2014年にナショナルリーグの監督賞を受賞しています。

KIAはマット・ウィリアムズ新監督を選んだ理由を「データ分析と活用、ポジション別の専門性強化などを実現する適任者」としています。

KIAは今季5月にキム・ギテ監督が成績不振の責任をとって辞任。その後、パク・フンシク二軍監督が監督代行を務めました。パク・フンシク監督代行は来季、再び二軍監督に復帰します。

◇10月15日(火)の結果

・プレーオフ第2戦

 SK 7- 8 キウム(インチョン)

 勝:チョ サンウ

 敗:ソ ジンヨン

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。