【プレーオフ第1戦】延長11回の死闘はキウムが9投手の完封リレーで先勝<韓国KBOリーグ>

9番手で登板し勝ち投手になったオ・ジュウォン(写真:キウムヒーローズ)

14日の韓国KBOリーグ・プレーオフの第1戦は公式戦2位のSKワイバーンズと準プレーオフを勝ち上がった3位のキウムヒーローズが対戦。

試合は両チーム共に得点のないまま延長戦に突入し、11回表に3点を挙げたキウムが4時間51分のゲームをものにしました。

この試合、SKはキム・グァンヒョン、キウムがジェイク・ブリガム(元楽天)の両エースの先発でスタート。どちらも好投を見せ、また両チーム共、走塁ミスなどで得点機を逸し、両者無得点で前半戦を終了します。

キウムは6回以降、毎回得点圏に走者を置くもホームが遠く、一方のSKも打線がつながらず、試合は0-0のまま延長戦に突入しました。

均衡を破ったのはキウム。11回表、1死から1番のソ・ゴンチャン選手が、SKの7番手ムン・スンウォン投手からこの日自身4本目のヒットとなるライト線への二塁打を放つと、2番のキム・ハソン選手に左中間への二塁打が飛び出して1-0としました。

さらに3番のイ・ジョンフ選手がレフトにタイムリーを放って2点目。4番パク・ピョンホ選手の死球の後、5番ジェリー・サンズ選手にもセンター前ヒットが飛び出し3-0としました。

キウムは準プレーオフ同様に小刻みな継投を見せ、10回途中から登板の9番手、オ・ジュウォン投手は11回裏、無死二塁のピンチを招くも、後続の3人を抑えてゲームセット。

キウムは9人の投手がSK打線を11回無失点に抑える完封リレーで勝利し、対戦成績を1勝0敗としました。プレーオフは5戦のうち、先に3勝した方が韓国シリーズに進出します。プレーオフにアドバンテージはありません。

◆「SKは奮起なるか」

SKは先発のキム・グァンヒョン投手が5回を投げて92球と多くの球数を投じながらも、5安打無失点。8つの三振を奪い、プレーオフ初戦をスムーズにスタートさせました。

しかし打線はクリーンアップトリオが10回までノーヒット。11回にジェイミー・ロマック選手(元DeNA)に二塁打が出ましたが、3人で13打数1安打と打線がつながらずホームが遠い第1戦となりました。

今季のSKは首位を独走するも終盤の失速で2位に。プレーオフでも初戦を落としたSKはここからの巻き返しを目指します。

◇10月14日(月)の結果

・プレーオフ第1戦

 SK 0- 3 キウム(インチョン)

 勝:オ ジュウォン

 敗:ムン スンウォン

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。