【ワイルドカード決定戦】4位LGが5位NCを下して準プレーオフ進出決定<韓国KBOリーグ>

好投しハイタッチするケイシー・ケリー(写真:LGツインズ)

3日の韓国KBOリーグ・ワイルドカード決定戦の第1戦は公式戦4位のLGツインズが5位のNCダイノスを3-1で下し、アドバンテージの1勝を加えて2勝とし準プレーオフ進出を決めました。

建国記念日にあたる開天節で休日だったこの日、ワイルドカード決定戦初戦はチャムシル球場で14時開始のデーゲームでプレーボール。

1回裏LGはヒットのランナーをバントで送って1死二塁とし、3番のイ・ヒョンジョン選手がレフトへタイムリーヒット。1点を先制しました。

LGは4回にも無死一、三塁で代打のパク・ヨンテク選手のライトへの大きな犠牲フライで1点を追加。この犠飛で一塁走者も二塁に進塁すると、1回にタイムリーを放っている3番イ・ヒョンジョン選手がこの場面でもレフトへタイムリー二塁打を放って、3-0とリードを広げました。

追うNCは5回表、8番のノ・ジンヒョク選手がLGの先発ケイシー・ケリー投手からライトへソロホームランを放ち2点差に追い上げるも、その後得点の機会を作ることは出来ませんでした。

LGのケイシー・ケリー投手はNC打線に対し、6回2/3を投げて被安打3。打たせて取る投球で失点はソロホームランの1点のみでした。

試合は3-1で迎えた9回表、2点を追うNCはこの回からマウンドに上がったLGの抑えコ・ウソク投手に対し、2本のヒットと四球で1死満塁のチャンスを作るも、7、8番がいずれもライトフライに倒れてゲームセット。LGが勝利し、準プレーオフ進出を決めました。

◆「準プレーオフはキウムとLGの対戦」

ワイルドカード決定戦をLGが制したことで、準プレーオフは3位のキウムヒーローズとLGの対戦となりました。準プレーオフは5試合のうち、先に3勝したチームがプレーオフへと勝ち上がります。キウムにアドバンテージはありません。

プレーオフには2位のSKワイバーンズの進出が既に決まり、その先の韓国シリーズには1位のトゥサンベアーズが出場します。

今後ポストシーズンを戦うLG、キウム、SK、トゥサンの4球団は首都ソウルまたは近郊のインチョンを本拠地とするチーム。今年のポストシーズンはこの後、首都圏の3球場(LGとトゥサンはチャムシルを共同使用)で行われることになりました。

◇10月3日(木・休)の結果

・ワイルドカード決定戦第1戦

 LG 3- 1 NC(チャムシル)

 勝:ケルリ(ケリー)

 敗:プリドゥリク(フリードリック)

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。