最終戦にサヨナラ勝ちのトゥサン SKと同率首位も直接対決の結果で2年連続のV<韓国KBOリーグ>

逆転Vを決めたトゥサンナイン(写真:トゥサンベアーズ)

10月1日の韓国KBOリーグは今季最終戦となる2試合がナイトゲームで行われました。

既に全日程を終えている首位のSKワイバーンズを0.5ゲーム差で追う2位のトゥサンベアーズはNCダイノスと対戦。

試合はNCが先制するもトゥサンが7回裏に追いついて2-2の同点に。しかし8回表にNCが3点を挙げて再びリードを奪いました。

するとトゥサンもその裏すぐさま3点を返して5-5の同点にします。

トゥサンは引き分けだとSKに勝率で下回るため、SKに並ぶにはサヨナラ勝ちが絶対条件となった9回裏。1死二塁で6番のパク・セヒョク選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち、この一打がサヨナラ打となってトゥサンが勝利しました。

サヨナラ打を放ったパク・セヒョク(写真:トゥサンベアーズ)
サヨナラ打を放ったパク・セヒョク(写真:トゥサンベアーズ)

トゥサンの勝利でトゥサンとSKは共に88勝55敗1引き分けで同率で並びましたが、両チームの直接対決でトゥサンが9勝7敗で勝ち越したため、トゥサンの2年連続の公式戦1位が決まりました。

トゥサンは22日以降に行われる予定の韓国シリーズに進出します。

⇒ 2019年 KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「今季の全日程が終了」

10月1日で2019年のKBOリーグ公式戦全日程が終了。各球団144試合を戦い終えました。

順位はトゥサンとSKが同率で終え、直接対決の結果でトゥサンが1位に。3位キウムも1位との差はわずか2ゲームという大混戦でした。

ポストシーズンは4位LGツインズと5位NCダイノスが対戦する、「ワイルドカード決定戦」が3日から行われます。

ワイルドカード決定戦は2戦2勝したチームが「準プレーオフ」に進出しますが、4位に1勝のアドバンテージがあり、第1戦でLGが勝つか引き分けが決まった時点でLGの準プレーオフ行きが決まります。

以下が2試合の結果です。

◇10月1日(火)の結果

・トゥサン 6- 5 NC(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ウォン ジョンヒョン

・ロッテ 1- 3 キウム(プサン)

 勝:アン ウジン

 敗:キム ヒョンス

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。