サヨナラ負けの首位SKとサヨナラ勝ちの2位トゥサン 残り2試合で同率1位に並ぶ<韓国KBOリーグ>

サヨナラヒットを放ったパク・コンウ(写真:トゥサンベアーズ)

28日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止となって、4試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

首位のSKワイバーンズと2位トゥサンベアーズが1ゲーム差で迎えたこの日、SKはテグでサムスンライオンズと、トゥサンはチャムシルでハンファイーグルスと対戦しました。

どちらの球場も同点で延長戦に突入。SKは7-7で迎えた10回表、2死満塁のチャンスで前の打席に代打同点ソロを放っている、パク・チョングォン選手に打順が回るも、パク・チョングォン選手は空振り三振に倒れました。

ピンチを脱したサムスンはその裏、2番のイ・ハクチュ選手がライトへ7号サヨナラ2ランを放ってゲームセット。SKは7-9でサヨナラ負けを喫しました。

チャムシルではトゥサンが10回裏、ヒットと送りバントで三塁にランナーを進めると、連続の申告敬遠で1死満塁としました。この場面で3番のパク・コンウ選手がレフトへサヨナラヒット。SKの敗戦から9分後に7-6で勝利をおさめました。

首位SKが敗れて2位トゥサンが勝ったため、両チームの成績は86勝55敗1引き分けで並び、同率1位となっています。残り試合はどちらも2試合です。

◆「“秋男”をピンチで封じて8年ぶりの勝利」

サムスン対SK戦で9回表に代打で登場したSKのパク・チョングォン選手はポストシーズンが訪れる秋に大活躍を見せてきた「秋男」。

その名の通り、1点を追う大事な場面で1号同点ソロを放ちました。しかし10回の満塁の場面では三振に倒れ、勝ち越しとはなりませんでした。

その三振を奪ったのはサムスンのワンポイント左腕、イム・ヒョンジュン投手。左のパク・チョングォン選手に対し、サイドスローから空振り三振を奪いピンチを脱すると、その裏にサヨナラ勝ちしたため勝ち投手となりました。

リーグ2位タイの71試合に登板のイム・ヒョンジュン投手は今季初勝利。イム・ヒョンジュン投手は2011年以来、8年ぶりの勝ち星となりました。

以下が4試合の結果です。

◇9月28日(土)の結果

・トゥサン 7- 6 ハンファ(チャムシル)

 勝:ハム ドクチュ

 敗:チョン ウラム

・KT 5- 2 NC(スウォン)

 勝:キム ジェユン

 敗:イム ジョンホ

・サムスン 9- 7 SK(テグ)

 勝:イム ヒョンジュン

 敗:チョン ヨンイル

・KIA 7- 1 LG(クァンジュ)

 勝:イム ギジュン

 敗:ソン ウンボム

・ロッテ 中 止 キウム(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。