雨中のソウルの激闘 延長戦を制したのはLGペゲーロ(元楽天)の決勝3ラン<韓国KBOリーグ>

決勝3ランを放ったカルロス・ペゲーロ(写真:LGツインズ)

22日の韓国KBOリーグはハンファイーグルス対SKワイバーンズ(テジョン)のダブルヘッダーを含む、4試合が雨天中止。ソウル・チャムシル球場のトゥサンベアーズ対LGツインズの1試合のみ行われました。

雨の中行われた2位トゥサンと4位LGの対戦は3-0でLGリードの8回裏、トゥサンが2点を挙げて1点差に迫りました。

さらに9回裏トゥサンはLGのクローザー、コ・ウソク投手の制球の乱れでチャンスを作り、内野ゴロの間に三塁走者が生還。3-3の同点として試合は延長戦に突入しました。

LGは10回表、2番からの攻撃で2死一、三塁のチャンスを作ると、6番のカルロス・ペゲーロ選手(元楽天)が逆方向となるレフトスタンドに、勝ち越しの9号3ランホームラン。6-3とリードを奪ったLGは、ペゲーロ選手の一発が決勝打となって勝利しました。

ペゲーロ選手はこの日3安打4打点。今月は3割7分9厘という好成績をマークし、月間6本塁打、21打点はリーグトップです。

敗れたトゥサンは連勝が4でストップ。雨で試合がなかった首位SKとのゲーム差は1.5となっています。

◆「中止により9月29日以降も公式戦実施へ」

この日中止となった4試合中、ロッテジャイアンツ対NCダイノス(プサン)は明日23日(月)に行われることになり、その他の3試合は9月29日以降に編成されます。

今後も中止が続くとポストシーズンの開始がずれ込み、11月6日から行われるプレミア12に出場する上位チームの代表選手は慌ただしいスケジュールとなりそうです。

以下が1試合の結果です。

◇9月22日(日)の結果

・トゥサン 3- 6 LG(チャムシル)

 勝:ソン ウンボム

 敗:ユン ミョンジュン

・KT 中 止 サムソン(スウォン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 中 止 SK(テジョン)

<ダブルヘッダー第1試合>

 勝:

 敗:

・ハンファ 中 止 SK(テジョン)

<ダブルヘッダー第2試合>

 勝:

 敗:

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。