KTの5年目右腕、初完封で10勝目 球団初の国内出身2けた勝利投手に<韓国KBOリーグ>

ペ・ジェソン(写真:kt wiz/初報から差し替え)

20日の韓国KBOリーグは4試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ対KTウィズはKT打線が3本のホームランなどで7点を挙げ、投げては先発のペ・ジェソン投手が好投。9回109球を投げ、散発の被安打5、3つの併殺打でピンチをしのぎ、ロッテ打線に得点を与えず、プロ5年目で初完封を果たしました。

ペ・ジェソン投手は6月8日のロッテ戦でプロ初勝利を挙げて以来、先発ローテーションに定着しこの日の勝利で10勝目(10敗)。うち4勝がプロ入りから2年間在籍していた古巣ロッテからで、対ロッテ戦は負け知らずの防御率0.95と好成績を残しています。

KTはペ・ジェソン投手の10勝到達により、1軍参入5年目で初めて国内出身の2けた勝利投手が誕生しました。

◆「首位SKまさかの5連敗で2、3位と1.5差に」

首位のSKワイバーンズが3位のキウムヒーローズに敗れて5連敗。2位のトゥサンベアーズがKIAタイガースに勝ったため、SKとトゥサンのゲーム差は1.5に。3位のキウムもSKと1.5差にしています。

残り試合が10試合を切ったところで、ここまで独走してきたSKにブレーキがかかり、上位争いは混沌としてきました。

以下が4試合の結果です。

◇9月20日(金)の結果

・トゥサン 6- 2 KIA(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:イ ミンウ

・SK 1- 5 キウム(インチョン)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:パク チョンフン

・ハンファ 5- 3 サムスン(テジョン)

 勝:シン ジョンラク

 敗:チェ ジグァン

・ロッテ 0- 7 KT(プサン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:チャン シファン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。