ハンファの助っ人左腕、7回2死までパーフェクト 球団初の外国人2投手が10勝到達<韓国KBOリーグ>

10勝目を挙げたチャド・ベル(写真:ハンファイーグルス)

17日の韓国KBOリーグは2試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパーク(テジョン)のハンファイーグルス対キウムヒーローズはハンファの先発、左腕のチャド・ベル投手がチーム打率リーグトップのキウムに対し、7回2死に内野安打を喫するまでパーフェクトピッチングを見せました。

チャド・ベル投手は8回111球を投げ被安打2、無失点。11個の三振を奪って、試合は1-0でハンファが勝利しチャド・ベル投手は10勝目を挙げました。

これでハンファは既に11勝をマークしているワーウィック・サーポルト投手とチャド・ベル投手の両外国人投手が10勝に到達。ハンファの助っ人2投手が共に2けた勝利を記録するのは今回が初めてです。

今季他球団ではキウム、LGツインズ、KTウィズの3球団で外国人2投手が2けた勝利を挙げています。

◆「ヤン・ヒョンジョン、17勝目ならずも防御率トップ」

KIAタイガースのエース、ヤン・ヒョンジョン投手はNCダイノス戦に先発。5回を投げ、被安打3、初回にヤン・ウィジ選手に喫した2ランの2点に抑え、6回以降はリリーフ陣に託しました。

試合は2-2で迎えた7回裏に1点を挙げたKIAが3-2で勝利。ヤン・ヒョンジョン投手に勝ち星はついていませんが、防御率2.29でリーグトップを維持しています。

以下が2試合の結果です。

◇9月17日(火)の結果

・ハンファ 1- 0 キウム(テジョン)

 勝:チャド・ベル

 敗:イ ヨンジュン

・KIA 3- 2 NC(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:チャン ヒョンシク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。