キウム、先発ブリガム(元楽天)が初回降板も接戦制してサヨナラ勝ち<韓国KBOリーグ>

サヨナラ四球でガッツポーズのイム・ビョンウクとファン(写真:キウムヒーローズ)

12日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止となり、4試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われた2位のキウムヒーローズ対4位のLGツインズの対戦は1回表、キウムの先発ジェイク・ブリガム投手(元楽天)が3四死球を与え、2死満塁の場面で交代。ブリガム投手は左側の腹斜筋の痛みでマウンドを降りました。

キウムはエースが急遽降板するもその後を6人の投手でつないで、LG打線を9回まで2点に抑えました。

一方、LGの先発タイラー・ウィルソン投手も7回を被安打4、7つの三振を奪い、キウム打線に対し2失点と好投を見せました。

2-2の同点のまま迎えた9回裏、キウムは1死満塁の場面で7番のイム・ビョンウク選手が四球を選び、押し出しとなってゲームセット。キウムは接戦を制し5連勝を飾りました。

この日は首位のSKワイバーンズも勝ったため、1位と2位のゲーム差は3.5で変わりません。

◆「韓国は秋の連休に突入」

韓国は旧暦の8月15日を挟み、チュソク(秋夕)という連休になります。今年は9月12日から15日までがその期間で、韓国では旧正月と並ぶ大型連休です。

韓国は北部にあるソウルを中心とした首都圏に人口が集中していることから、連休序盤は北から南へ、終盤は南から北へと交通網が大混雑します。その影響はバス移動が基本のプロ野球選手にも及びます。

そこで今年のKBOリーグはチュソク連休中の連戦初日となる12日と14日の試合開始を通常の14時から17時に変更。3時間遅らせて編成しました。

以下が4試合の結果です。

◇9月12日(木・休)の結果

・トゥサン 5- 0 KIA(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:イム ギヨン

・キウム 3- 2 LG(コチョク)

 勝:オ ジュウォン

 敗:チョン ウヨン

・KT 4- 7 NC(スウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 中 止 ハンファ(テグ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 1- 2 SK(プサン)

 勝:ムン スンウォン

 敗:パク チンヒョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。