釜山ロッテ、クリーンアップで7安打7打点 イ・デホは代打で復帰<韓国KBOリーグ>

先制打を含む3安打2打点のミン・ビョンホン(写真:ロッテジャイアンツ)

10日の韓国KBOリーグは首都圏の2試合が中止になり、3試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場で行われたロッテジャイアンツ対KIAタイガースは2回までに6点を挙げたロッテが逃げ切って8-4で勝利。

ロッテはミン・ビョンホン、チョン・ジュンウ、ジェイコブ・ウィルソン各選手の3、4、5番が3人で7安打、7打点を記録しました。

投げては先発のブロック・ダイクゾーン投手が5回2失点で5勝目。6月10日にSKワイバーンズから移籍後、ロッテでの2勝目、先発では初白星となっています。

最下位のロッテは連勝。7位KIAは4連敗です。

◆「イ・デホ、手首の故障から12日ぶりの復帰」

8月30日に登録抹消となり、シーズン終盤を除くと16年ぶりに2軍落ちしたイ・デホ選手がこの日1軍登録され、7回裏に7番ハン・ドンヒ選手のところで代打で出場しました。

4点リードの2死二塁の場面で打席に入ったイ・デホ選手はストレートのフォアボールで一塁に歩き、代走が出てベンチに退いています。

今季のイ・デホ選手は123試合に出場し打率2割8分4厘、15本塁打、86打点。手首の状態が思わしくないことに加え、最下位のチームには世代交代を進めるムードもあって、1軍登録を外れていました。

以下が3試合の結果です。

◇9月10日(火)の結果

・トゥサン 中 止 NC(チャムシル)

 勝:

 敗:

・SK 中 止 キウム(インチョン)

 勝:

 敗:

・ハンファ 2- 5 LG(チョンジュ)

 勝:チャ ウチャン

 敗:キム ジンヨン

・サムスン 3- 2 KT(テグ)

 勝:ライブリー

 敗:アルカンタラ

・ロッテ 8- 4 KIA(プサン)

 勝:ダイクゾーン

 敗:ターナー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。