KTクエバス13勝目 オクスプリング(元阪神)が持つ球団最多記録を抜く<韓国KBOリーグ>

ウイリアム・クエバス(写真:kt wiz/初報から差し替え)

8日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ対SKワイバーンズはKTが5-0で勝利しています。

KTの先発ウイリアム・クエバス投手はSKを6回2安打無失点に抑えて13勝目。球団創設1年目の2015年にクリス・オクスプリング投手(元阪神)が記録した12勝を上回り、球団最多記録となりました。

KTは連勝で勝率5割復帰。1ゲーム差で追っていたNCが敗れたため、NCと並んで同率5位となりました。

KTはこの日が130試合目。残り14試合で5位をキープし、球団初のポストシーズン進出を目指します。

◆「侍・稲葉監督の韓国視察終了」

野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督、井端弘和コーチ、建山義紀コーチら一行は8日、KT対SK戦を観戦し、今回の韓国視察の全日程を終えました。

今回の訪韓ではKBOリーグ全10球団の選手視察を目的に6試合の観戦を計画。当初は一週間にわたって悪天候が予想されるも、雨天中止は2試合のみで4試合を視察しました。

稲葉監督は今回の視察について「60人の候補に選ばれている選手はみんないい選手。自分の目で見ることが出来て良かった。中止で投手はたくさん見られず残念だったが、ヤン・ヒョンジョン投手(KIA)を見ることが出来た。キム・グァンヒョン投手(SK)は見られなかったが、以前の大会で対戦した(時の)イメージがある。大会予選で映像やデータを取っていきたい」と話しました。

◇稲葉監督一行が視察した試合一覧

・9/3(火) ハンファ対KIA(テジョン) ヤン・ヒョンジョン投手が好投

・9/4(水) SK対NC(インチョン) 雨天中止

・9/5(木) キウム対サムスン(コチョク) キウムの左右の中軸をチェック

・9/6(金) LG対ロッテ(チャムシル) LGの若きリリーバー2人に注目

・9/7(土) LG対トゥサン(チャムシル) 雨天中止

・9/8(日) KT対SK(スウォン) カン・ベクホの能力の高さを確認

以下が全5試合の結果です。

◇9月8日(日)の結果

・LG 2- 1 トゥサン(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:イ ヨンチャン

・KT 5- 0 SK(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:サンチェス

・ハンファ 0- 12 ロッテ(テジョン)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:キム イファン

・サムスン 9- 4 NC(テグ)

 勝:クォン オジュン

 敗:ペ ジェファン

・KIA 3- 13 キウム(クァンジュ)

 勝:イ スンホ

 敗:カン イジュン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。