SKサンチェス16勝目/釜山ロッテの新GMは米スカウト出身の37歳<韓国KBOリーグ>

16勝目を挙げたアンヘル・サンチェス(写真:SKワイバーンズ)

3日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場で行われたSKワイバーンズ対NCダイノスは、SKの先発アンヘル・サンチェス投手がNC打線に対し、6回を投げ散発の4安打、1失点と好投。8つの三振を奪いました。

SK打線は1回裏に2点を挙げるとその後も小刻みに得点を重ね、13安打を放って8-1で勝利。首位SKは2連勝で2位のトゥサンが敗れたため、ゲーム差を4.5に広げました。

◆「ロッテ、新GMに37歳、カブスの元スカウトが就任」

ロッテジャイアンツは7月に辞任したイ・ユンウォン団長(日本におけるGM)の後任として、シカゴ・カブスで環太平洋地区のスカウトを務めていた、ソン・ミンギュ氏(37)の就任を発表しました。

ソン・ミンギュ新団長は大邱商高を卒業後、ネブラスカ大に留学した後、2007年にKIAタイガースに外野手として入団。KIAでは1軍出場なく退団し、再び渡米してカブス1Aでコーチ、スカウトなどを歴任してきたとのことです。

今年最下位のロッテは今後、攻撃的な野球を追求することを目的に、そのチームカラーに合った人選としてソン・ミンギュ団長の就任を決めました。今後は新団長を中心として首脳陣人事を行い、3年以内に優勝争いが出来るチームにするためにチーム改革を加速化するとしています。

以下が全5試合の結果です。

◇9月3日(火)の結果

・トゥサン 2- 5 キウム(チャムシル)

 勝:イ スンホ

 敗:フランコフ

・SK 8- 1 NC(インチョン)

 勝:サンチェス

 敗:チョン スミン

・KT 0- 5 LG(スウォン)

 勝:ケリー

 敗:クエバス

・ハンファ 5- 6 KIA(テジョン)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:キム イファン

・ロッテ 4- 5 サムスン(プサン)

 勝:キム デウ

 敗:ソン スンラク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。