ヤン・ヒョンジョン、史上5人目の通算1500奪三振達成<韓国KBOリーグ>

通算1500奪三振を達成したヤン・ヒョンジョン(写真:KIAタイガース)

28日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース対サムスンライオンズは5-1でKIAが勝利。

KIAの先発ヤン・ヒョンジョン投手は5回1/3を投げ1失点で今季14勝目を挙げました。

この日5三振を奪ったヤン・ヒョンジョン投手は1回表、サムスンの2番パク・ケボム選手から奪った一つ目の三振が、自身通算1500個目の奪三振となりました。

2007年に光州東成高からプロ入りしたヤン・ヒョンジョン投手は今年が13年目。今季はここまで143三振を奪い、6年連続140個以上の奪三振を記録しています。

通算奪三振数1504個は現役最多。歴代では2048個のソン・ジンウ現ハンファコーチを筆頭に、イ・ガンチョル現KT監督、ソン・ドンヨル前韓国代表監督、チョン・ミンチョル前韓国代表コーチに次ぐ5位です。

勝利数でも歴代7位タイの134勝を記録しているヤン・ヒョンジョン投手。球界を代表する31歳のエース左腕は、今後レジェンドたちに迫る記録更新が期待されます。

◆「首位SKと2位トゥサンのゲーム差4.5に」

首位SKワイバーンズと2位トゥサンベアーズの対戦はトゥサンが連勝。トゥサンはチームの連勝を6に伸ばし、SKは3連敗で両チームのゲーム差は4.5に縮まりました。

また最下位のハンファイーグルスはキウムヒーローズに勝って、連敗を6で止めています。

以下が全5試合の結果です。

◇8月28日(水)の結果

・トゥサン 4- 2 SK(チャムシル)

 勝:フランコフ

 敗:サンチェス

・ハンファ 2- 1 キウム(チョンジュ)

 勝:シン ジョンラク

 敗:イ スンホ

・KIA 5- 1 サムスンン(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ウォン テイン

・ロッテ 4- 3 LG(ウルサン)

 勝:ソン スンラク

 敗:ムン グァンウン

・NC 2- 8 KT(チャンウォン)

 勝:クエバス

 敗:ク チャンモ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。