パク・ピョンホ、3連発を含む1試合4アーチ タイトル争いトップに<韓国KBOリーグ>

パク・ピョンホ(写真:キウムヒーローズ)

27日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルスの準本拠地、チョンジュ(清州)で行われたハンファとキウムヒーローズの対戦はパク・ピョンホ選手(キウム)のホームランショーでキウムが15-0で大勝しました。

4番のパク・ピョンホ選手は1回表、2死一塁で右中間へ先制の25号2ランホームランを放つと、3回にも1死一塁で今度は26号2ランを左中間へ運びました。

さらにパク・ピョンホ選手は5回に2死一塁でバックスクリーンの右へ3打席連続の27号2ラン。この一発でパク・ピョンホ選手は同僚のジェリー・サンズ選手を抜いて、本塁打王争いのトップに立ちました。

この3連発はハンファの先発左腕、ソン・チャンヒョン投手から放ったもの。いずれも一塁に2番のイ・ジョンフ選手を置いてのアーチでした。

キウムは8回に5点を挙げて11-0と大量リードを奪うと、9回表、この回の先頭打者として5打席目に入ったパク・ピョンホ選手は、今度は左中間場外へこの日の4本目となるソロホームラン。パク・ピョンホ選手は4打数4本塁打7打点の大活躍を見せました。

◆「4本のアーチは文句なしの当たり」

パク・ピョンホ選手の4本のアーチが飛び出したチョンジュ球場は、ホームからセンターのフェンスまでの距離が115mと狭い球場。しかし今回の4発はスタンド中段、そして場外にも飛び出すなど、どれも飛距離十分のホームランでした。

以下が全5試合の結果です。

◇8月27日(火)の結果

・トゥサン 4- 2 SK(チャムシル)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:ソーサ

・ハンファ 0- 15 キウム(チョンジュ)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ソン チャンヒョン

・KIA 1- 10 サムスン(クァンジュ)

 勝:ユン ソンファン

 敗:イ ミンウ

・ロッテ 1- 2 LG(ウルサン)

 勝:ペ ジェジュン

 敗:ダイクゾーン

・NC 4- 3 KT(チャンウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:キム ミン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。