釜山ロッテ 7連敗でストップ/元楽天・ブリガム(キウム)3年連続2けた勝利<韓国KBOリーグ>

逆転タイムリーを放ったシン・ボンギ(写真:ロッテジャイアンツ)

25日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場で行われたロッテジャイアンツ対NCダイノスは8回裏、3-4で1点を追うロッテが2死一、二塁で、2回にタイムリーヒットを放っている7番のシン・ボンギ選手が右中間へ二塁打。二者が還ってロッテは5-4として逆転に成功しました。シン・ボンギ選手はこの日3安打3打点の活躍でした。

ロッテは9回裏を5番手のソン・スンラク投手が締めてゲームセット。ソン・スンラク投手は今季8セーブ目で通算セーブ数を270として、オ・スンファン投手(サムスン)が持つ歴代記録277セーブにあと7つとしました。

ロッテは終盤の逆転劇で今月16日から続いた連敗を7で止め、5連敗のハンファと入れ替わって最下位を脱出しています。

◆「ブリガム(元楽天)3年連続2けた勝利」

キウムヒーローズは21-8でサムスンライオンズに大勝。キウム打線は23安打を連ね、史上5度目の先発全員安打、得点、打点を記録しました。

キウムは先発のジェイク・ブリガム投手(元楽天)が6回2失点で今季10勝目(5敗)。シーズン途中にネクセン(当時)入りした2017年以来、3シーズン続けて2けた勝利を達成しています。

以下が全5試合の結果です。

◇8月25日(日)の結果

・LG 3- 7 KT(チャムシル)

 勝:ペ ジェソン

 敗:ウィルソン

・SK 2- 4 KIA(インチョン)

 勝:ターナー

 敗:キム グァンヒョン

・ハンファ 2- 3 トゥサン(テジョン)

 勝:リンドブロム

 敗:アン ヨンミョン

・サムスン 8- 21 キウム(テグ)

 勝:ブリガム

 敗:ライブリー

・ロッテ 5- 4 NC(プサン)

 勝:チン ミョンホ

 敗:カン ユング

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。