KT、ロースコアのゲームを制して連勝を4に伸ばす<韓国KBOリーグ>

メル・ロハス(写真:kt wiz/初報から差し替え)

18日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドで行われたKIAタイガース対KTウィズはKTが1回表、2死一、二塁で5番メル・ロハス選手の詰まった打球が、前進したセンターとライトの間に落ちて1点を先制。さらに連続四球で押し出しとなり1点を追加し、KTは初回に2点を挙げました。

追うKIAは3回に1点を挙げ、2-1に。その後、両チーム共にランナーは出すも得点には至らず、追加点がないまま試合は2-1でKTが勝利しています。

KTは先発のラウル・アルカンタラ投手が6回2/3を投げて被安打6、失点1で今季11勝目を挙げました。6位のKTは4連勝で56勝58敗の借金2。5位NCとのゲーム差は1です。

◆「再び最下位が入れ替わり」

9位のロッテジャイアンツが敗れて3連敗。一方、10位のハンファイーグルスが勝って3連勝としたため、再び順位が入れ替わってロッテが最下位となりました。

以下が全5試合の結果です。

◇8月18日(日)の結果

・トゥサン 11- 3 ロッテ(チャムシル)

 勝:リンドブロム

 敗:キム ウォンジュン

・キウム 4- 5 ハンファ(コチョク)

 勝:キム ボムス

 敗:キム サンス

・サムスン 1- 8 LG(テグ)

 勝:チャ ウチャン

 敗:チェ チェフン

・KIA 1- 2 KT(クァンジュ)

 勝:アルカンタラ

 敗:キム ギフン

・NC 7- 4 SK(チャンウォン)

 勝:カン ユング

 敗:ムン スンウォン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。