2年目カン・ベクホ(KT)追撃ソロと逆転3ランで4打点 打率もリーグトップに<韓国KBOリーグ>

カン・ベクホ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

10日の韓国KBOリーグは全5試合が行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズ対ハンファイーグルスはKTが5-4で逆転勝ちしています。

試合はハンファが3回に3点を先制。追うKTは4回に3番カン・ベクホ選手がライトへ追撃の9号ソロホームラン。さらにKTは5回に1点を挙げて1点差に迫りました。しかしハンファは6回表に5番イ・ソンヨル選手が21号ソロを放ち、4-2とリードを広げます。

2点を追うKTは7回1死一、二塁でカン・ベクホ選手がライトへこの日2本目となる、10号3ランホームランを放ち逆転に成功。KTが相手にダメージを与える強烈な一発で5-4としてリードを奪いました。

KTは9回表、最後の打者1人をクローザーのイ・デウン投手(元千葉ロッテ)が締めてゲームセット。連敗を3で止めました。

イ・デウン投手は12セーブ目。決勝打を放ったカン・ベクホ選手は4打数3安打4打点。打率を3割4分4厘に伸ばし、リーグトップに立ちました。

◆「オ・スンファン投手、地元ファンに復帰の挨拶」

6日にサムスンライオンズへの6年ぶりの復帰が発表になったオ・スンファン投手(元阪神)が、テグサムスンライオンズパークで復帰会見。またKIAタイガース戦の5回終了後、グラウンド上でユニフォームを羽織ってファンにメッセージを伝えました。

ホームのファンに復帰の挨拶をしたオ・スンファン(写真:サムスンライオンズ)
ホームのファンに復帰の挨拶をしたオ・スンファン(写真:サムスンライオンズ)

以下が全5試合の結果です。

◇8月10日(土)の結果

・LG 0- 2 SK(チャムシル)

 勝:サンチェス

 敗:ケリー

・キウム 10- 2 トゥサン(コチョク)

 勝:イ スンホ

 敗:イ ヨンハ

・KT 5- 4 ハンファ(スウォン)

 勝:チョン ソンゴン

 敗:アン ヨンミョン

・サムスン 2- 7 KIA(テグ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ユン ソンファン

・NC 7- 4 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:ラリー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。