キウム、好調の9番打者が首位の守護神からサヨナラ打<韓国KBOリーグ>

サヨナラ打を放ったキム・ヘソン(写真:キウムヒーローズ)

9日の韓国KBOリーグは全5試合が行われました。

コチョクスカイドームでは2位のキウムヒーローズと首位のSKワイバーンズが対戦。試合は8回裏にキウムが1点を挙げて4-4の同点として9回裏を迎えました。

SKのマウンドはリーグトップの27セーブをマークしているハ・ジェフン投手(元ヤクルト)が、8回に続いてマウンドへ。キウムはハ・ジェフン投手から1死二塁のチャンスを作ると、9番のキム・ヘソン選手が右中間へ二塁打。5-4としてサヨナラ勝ちしました

プロ3年目、昨季セカンドのレギュラーをつかんだキム・ヘソン選手は、今季はショートとセカンドで出場。7月以降は連日ヒットを重ね、8月に入っても22打数8安打と好調を維持しています。

2位キウムは劇的な勝利で、首位SKとのゲーム差を1つ縮めて7としました。

◆「次世代エースの対戦はロッテに軍配」

サムスンライオンズ対ロッテジャイアンツの対戦はロッテのプロ6年目、パク・セウン投手が先発し5回を投げて1安打1失点。

一方、新人王候補のウォン・テイン投手(サムスン)は6回途中6失点で降板し、注目の対戦はパク・セウン投手に軍配が上がりました。パク・セウン投手は今季2勝目です。

以下が全5試合の結果です。

◇8月9日(金)の結果

・トゥサン 3- 1 KT(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:クエバス

・キウム 5- 4 SK(コチョク)

 勝:オ ジュウォン

 敗:ハ ジェフン

・サムスン 3- 6 ロッテ(テグ)

 勝:パク セウン

 敗:ウォン テイン

・KIA 10- 4 ハンファ(クァンジュ)

 勝:ハ ジュンヨン

 敗:チャン ミンジェ

・NC 2- 5 LG(チャンウォン)

 勝:コ ウソク

 敗:ウォン ジョンヒョン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。