ハンファ、5年ぶりに先発の左腕がチームの連敗を8で止める<韓国KBOリーグ>

イム・ジュンソプ(写真:ハンファイーグルス)

31日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズ対ハンファイーグルスはハンファが5-2で勝利。ハンファは7月14日から続いた連敗を8で止めました。

ハンファの先発は左腕のイム・ジュンソプ投手。KIAタイガースに在籍していた2014年10月以来、約5年ぶりの先発登板となりました。

イム・ジュンソプ投手は初回に1点を許すも、2回以降はランナーを出しながらも要所を締めて、6回を投げ被安打4、KT打線を初回の1点に抑えました。

試合は0-1でハンファが1点を追う7回表、1点を挙げて同点にすると、7番のチョン・グンウ選手がランナーを一塁に置いて、レフトへ2ランを放ち、勝ち越しに成功。この回ハンファは計5点を挙げて、久々の勝利を手にしました。イム・ジュンソプ投手も今季初勝利を挙げています。

◆「7月が終了。残り40数試合に」

7月最後の日、9位ハンファと10位ロッテがそれぞれ連敗を8と4で止めて8月を迎えます。5位NCは勝って勝率を5割に戻しました。

また7月31日はトレードの最終期限でしたが、締め切り日ギリギリでの駆け込みトレードはありませんでした。

◇7月31日(水)の結果

・LG 0- 8 キウム(チャムシル)

 勝:キム ソンギ

 敗:ソン ウンボム

・SK 2- 6 KIA(インチョン)

 勝:ウィーランド

 敗:ムン スンウォン

・KT 2- 5 ハンファ(スウォン)

 勝:イム ジュンソプ

 敗:キム ミン

・サムスン 4- 8 ロッテ(テグ)

 勝:パク セウン

 敗:キム ユンス

・NC 8- 4 トゥサン(チャンウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:イ ヨンチャン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。