結末は9回に NC、同点に追いついたその裏、牽制悪送球でキウムにサヨナラ負け<韓国KBOリーグ>

悪送球でホームに向かうパク・チョンウム(写真:キウムヒーローズ)

オールスターブレイク明けの26日、韓国KBOリーグは首都圏の2試合が中止になり、3試合が行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ対NCダイノスは、4-1でキウムがリードの9回表、NCは無死一、二塁で4番パク・ソクミン選手がレフトへ15号3ランホームラン。4-4の同点としました。

キウムはその裏、1死三塁のチャンスを作ると、8番イ・ジヨン選手の打席でNCの5番手イム・チャンミン投手の三塁への牽制球が悪送球となり、三塁走者が生還。キウムは5-4でサヨナラ勝ちしました。

ここまで3連勝していた両チームの対戦はキウムが勝って4連勝としています。

◆「8月の日・休日ゲームの試合時間が変更」

韓国では試合開始時間を主催球団ではなくリーグが決めています。7、8月は平日18時30分(一部例外あり)、日・休日が18時開始です。

しかしKBOリーグは19日、8月の日・休日の開始時間を17時に変更しました。今季は観客数が伸び悩んでいることから、ファンの試合翌日の出勤や登校に配慮したものです。

韓国では変更した方が良いと判断されれば、それが直前であっても変わるケースがあります。変更による混乱よりも、合理性を優先させる傾向にあるのが日本との違いです。

どちらが良いということではありませんが、「原理原則と重視する日本」と「臨機応変に対応する韓国」というのが両国の特徴とも言えるでしょう。

なお、既に8月の前売り券が発売されているロッテジャイアンツの日・休日ホームゲームは、当初の予定通り18時開始です。

◇7月26日(金)の結果

・トゥサン 中 止 KIA(チャムシル)

 勝:

 敗:

・キウム 5- 4 NC(コチョク)

 勝:チョ サンウ

 敗:イム チャンミン

・KT 中 止 LG(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムスン 9- 8 ハンファ(テグ)

 勝:マグワイア

 敗:チャン ミンジェ

・ロッテ 6- 8 SK(プサン)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:ダイクゾーン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。