NC、21安打14得点で大勝 途中加入の新助っ人に初アーチも<韓国KBOリーグ>

初アーチを放ったジェイク・スモリンスキー(写真:NCダイノス)

17日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファの準本拠地、チョンジュ(清州)で行われたハンファイーグルス対NCダイノスはNCが21安打を放ち、2回を除く毎回得点でハンファに14-1で大勝しました。5位のNCは勝率を5割に戻しています。

今月10日にNCに途中入団したジェイク・スモリンスキー選手は3番ライトで先発出場。この日は1打席目にレフトに二塁打を放つと、2、3打席とレフト前ヒットを続けました。

そして5打席目には低めのチェンジアップをすくい上げて、KBOリーグでの初アーチとなる2ランをレフトに運んでいます。

スモリンスキー選手はこの試合での4安打3打点を加えて、ここまで6試合で24打数10安打4打点という成績です。

NCは先発のク・チャンモ投手がハンファ打線を7回途中まで被安打2、ソロホームランで許した1点に抑えて、今季7勝目を挙げています。

なお、ハンファの唯一の得点となったソロアーチは、高卒新人ユ・ジャンヒョク選手のプロ入り初本塁打でした。

◆「イ・デヒョン(KT)今季初安打」

先日、本欄で1軍昇格を紹介したKTウィズの35歳、イ・デヒョン外野手がトゥサンベアーズ戦の5回表に代打で出場。センターへのタイムリーヒットを放ち、これが14打席目での今季初安打でした。

以下が全5試合の結果です。

◇7月17日(水)の結果

・トゥサン 4- 6 KT(チャムシル)

 勝:クエバス

 敗:ユ ヒグァン

・キウム 10- 6 サムスン(コチョク)

 勝:イ ヨンジュン

 敗:ヘイリー

・SK 8- 2 LG(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:イ ウチャン

・ハンファ 1- 14 NC(チョンジュ)

 勝:ク チャンモ

 敗:キム ボムス

・KIA 3- 1 ロッテ(クァンジュ)

 勝:ウィーランド

 敗:ダイクゾーン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。