LGケリー 緩急生かして8回無失点で9勝目<韓国KBOリーグ>

9勝目を挙げたケイシー・ケリー(写真:LGツインズ)

14日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場で行われたLGツインズ対サムスンライオンズはLGの先発ケイシー・ケリー投手が8回101球を投げて被安打2。無失点に抑えました。

ケリー投手は140キロ台後半の直球と落差大きいカーブを組み合わせた、緩急を生かした投球で、サムスン打線に狙い球を絞らせず、試合は2-0でLGが勝利。ケリー投手は今季9勝目(9敗)を挙げています。ケリー投手は今後、上位チーム相手にも同様のピッチングを見せるか注目です。

サムスンの先発、左腕のペク・チョンヒョン投手も7回を2点に抑えるも、負け投手になっています。

◆「来週はオールスターブレイク前の3連戦」

19日にフューチャーズオールスター、20日にオールスター戦が行われるKBOリーグ。今週火水木の試合はオールスターブレイク前の3連戦となります。シーズンも残り3分の1となり下位チームはこの3連戦で少しでも差を詰めて、終盤戦に突入したいところです。

以下が全5試合の結果です。

◇7月14日(日)の結果

・LG 2- 0 サムスン(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ペク チョンヒョン

・SK 4- 3 キウム(インチョン)

 勝:ソーサ

 敗:ヨキッシュ

・KIA 10- 7 ハンファ(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:ソン ウンボム

・ロッテ 2- 8 トゥサン(プサン)

 勝:リンドブロム

 敗:パク セウン

・NC 1- 4 KT(チャンウォン)

 勝:キム ミン

 敗:キム ゴンテ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。