KT19安打13得点でNCに大勝 連敗を3で止める<韓国KBOリーグ>

オ・テゴン(写真:kt wiz/初報から差し替え)

13日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークで行われたNCダイノス対KTウィズはKTが19安打を放ち、13-3で大勝。連敗を3で止めています。

KTは3回、2番のオ・テゴン選手が5月5日以来となる3号ソロを放つと、7回にも4号ソロ。この日のオ・テゴン選手は3安打、4打点の活躍を見せ、2安打2打点の前日に続く活躍を見せました。守備での連日のエラーをバットで取り返しています。

投げては先発のキム・ミンス投手が5回1/3を投げて被安打4、NC打線を1点に抑え、今季3勝目(2敗)を挙げました。

◆「イ・ボムホ引退」

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で活躍し、2010年にはソフトバンクでプレーしたKIAタイガースのイ・ボムホ選手(37)が、13日のハンファイーグルス戦で現役を引退しました。

6番サードで先発出場したイ・ボムホ選手は現役最後の打席となった5回裏の3打席目、2死満塁の場面で打順が回ってきました。イ・ボムホ選手は満塁ホームランの数が17本で歴代最多。最高の見せ場が訪れましたが結果はレフトフライでラストアーチとはなりませんでした。

華やかなセレモニーで送られたイ・ボムホ選手は9月以降、短期間の指導者研修を海外で行う予定です。

以下が全5試合の結果です。

◇7月13日(土)の結果

・LG 5- 3 サムスン(チャムシル)

 勝:ウィルソン

 敗:ユン ソンファン

・SK 4- 2 キウム(インチョン)

 勝:サンチェス

 敗:チェ ウォンテ

・KIA 5- 10 ハンファ(クァンジュ)

 勝:サーポルト

 敗:ホン ゴンヒ

・ロッテ 3- 4 トゥサン(プサン)

 勝:ユン ミョンジュン

 敗:コ ヒョジュン

・NC 3- 13 KT(チャンウォン)

 勝:キム ミンス

 敗:ルチンスキー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。