ロッテ、カン・ダニエルの始球式、カン・ロハンの快打で「カン勝」 連敗6でストップ<韓国KBOリーグ>

始球式のカン・ダニエルと2打点のカン・ロハン(写真:ロッテジャイアンツ)

9日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場で行われたロッテジャイアンツ対NCダイノスは試合前にプサン出身の歌手、カン・ダニエルさんのプサン市の広報大使委嘱式と始球式が行われ、今季のサジク球場の平日ゲームで2番目に多い15,651人が来場しました。

ミン・ビョンホンが均衡を破るタイムリーを放ち、沸くスタンド(写真:ロッテジャイアンツ)
ミン・ビョンホンが均衡を破るタイムリーを放ち、沸くスタンド(写真:ロッテジャイアンツ)

試合は6回まで両チーム無得点で進み、迎えた7回裏。ロッテは1死から6番イ・デホ、7番・カン・ロハン両選手の連続安打で一、三塁のチャンスを作ると、代打ミン・ビョンホン選手のレフトへのタイムリーで均衡を破りました。

しかし8回表、NCが1点を挙げて1-1としゲームを振り出しに戻すと、その裏ロッテは1死一、二塁から途中出場のチョ・ホンソク選手がライトへ二塁打を放ち、2-1と勝ち越しに成功。

ロッテは犠牲フライで1点を追加し、2死二塁でカン・ロハン選手がこの日チーム唯一の複数安打となるセンターオーバーの二塁打で、4-1としました。3点のリードを奪ったロッテは9回の守りを0点で締めてゲームセット。

カン・ダニエルさんの始球式で始まり、カン・ロハン選手の快打で締めた最下位ロッテは、連敗を6で止めています。

オ・ゴドン プサン市長とプサン市の広報大使に就任した歌手のカン・ダニエル(写真:ロッテジャイアンツ)
オ・ゴドン プサン市長とプサン市の広報大使に就任した歌手のカン・ダニエル(写真:ロッテジャイアンツ)

◆「3球場で投手戦に」

この日はテジョン、テグ、プサンの3球場で終盤までスコアボードに0が並ぶ投手戦となりました。ハンファ対SK(テジョン)は延長11回、1-0でハンファがサヨナラ勝ち。サムスン対KIA(テグ)は7回まで両チーム無得点で進み、サムスンが0-2で迎えた9回裏に3点を挙げてこちらもサヨナラで決着しています。

以下が全5試合の結果です。

◇7月9日(火)の結果

・LG 4- 11 トゥサン(チャムシル)

 勝:リンドブロム

 敗:ケリー

・KT 3- 12 キウム(スウォン)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ペ ジェソン

・ハンファ 1- 0 SK(テジョン)

 勝:アン ヨンミョン

 敗:キム ジュハン

・サムスン 3- 2 KIA(テグ)

 勝:キム ユンス

 敗:ムン ギョンチャン

・ロッテ 4- 1 NC(プサン)

 勝:パク チンヒョン

 敗:チャン ヒョンシク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。